Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 見えざる手(みえざるて、英: an invisible hand)は、アダム・スミスの『国富論』の第4編第2章に現れる言葉。アダム・スミスは、投資家が自らの資産運用で、自らの利益を求め、その収益性と危険負担(リスク負担)を熟慮して運用しょうとすることを指摘し、かつ擁護している。この様な部分知にしか基かず、全体を見渡した行動ではない(たとえその投資行動が社会全体の利益実現を何ら念頭に置いたものではなくとも)、自利心に導かれた行動、つまり、個別投資家の行動が自らに係る資産運用において安全かつ効率的であろうとすることが、結果的に、あたかも「見えざる手」に導かれるかの様に、全体としての効率的な投資を実現し、経済を成長させることを論じた。逆に、他人の個々の投資行動を指図しょうとする行為は、誰も責任を取れない行為であり、有害であるか無益なものになる。この言葉はしかし、現代の初等経済学では元の文脈を離れて、市場における自由競争が最適な資源配分をもたらす、(需給関係を通じた価格変動の)自動的な調整機能を指すものとして使われることが多い。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1079751 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2325 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58888041 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 見えざる手(みえざるて、英: an invisible hand)は、アダム・スミスの『国富論』の第4編第2章に現れる言葉。アダム・スミスは、投資家が自らの資産運用で、自らの利益を求め、その収益性と危険負担(リスク負担)を熟慮して運用しょうとすることを指摘し、かつ擁護している。この様な部分知にしか基かず、全体を見渡した行動ではない(たとえその投資行動が社会全体の利益実現を何ら念頭に置いたものではなくとも)、自利心に導かれた行動、つまり、個別投資家の行動が自らに係る資産運用において安全かつ効率的であろうとすることが、結果的に、あたかも「見えざる手」に導かれるかの様に、全体としての効率的な投資を実現し、経済を成長させることを論じた。逆に、他人の個々の投資行動を指図しょうとする行為は、誰も責任を取れない行為であり、有害であるか無益なものになる。この言葉はしかし、現代の初等経済学では元の文脈を離れて、市場における自由競争が最適な資源配分をもたらす、(需給関係を通じた価格変動の)自動的な調整機能を指すものとして使われることが多い。
rdfs:label
  • 見えざる手
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:contributions of
is prop-ja:notableIdeas of
is foaf:primaryTopic of