Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 西遼河(せいりょうが、Xiliao River、拼音: Xīliáohé)は、中華人民共和国の内モンゴル自治区東南部から遼寧省北部へ流れる河川。遼河水系に属する。内モンゴルの赤峰市に属するオンニュド旗とナイマン旗の境界で、遼河の源流・老哈河(ラオハムレン)と、その北を流れる西拉木倫河(シラムレン)が合流して西遼河が形成される。西遼河は赤峰市から通遼市へと東へ流れホルチン砂漠を通り、内モンゴル・遼寧・吉林の三省が交わる付近で、吉林省から流れてきた東遼河と合流し遼河となる。途中の主な支流には教来河、新開河などがある。西遼河流域は、新石器時代に紅山文化が栄えた地域でもある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1759419 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 644 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47016772 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 西遼河(せいりょうが、Xiliao River、拼音: Xīliáohé)は、中華人民共和国の内モンゴル自治区東南部から遼寧省北部へ流れる河川。遼河水系に属する。内モンゴルの赤峰市に属するオンニュド旗とナイマン旗の境界で、遼河の源流・老哈河(ラオハムレン)と、その北を流れる西拉木倫河(シラムレン)が合流して西遼河が形成される。西遼河は赤峰市から通遼市へと東へ流れホルチン砂漠を通り、内モンゴル・遼寧・吉林の三省が交わる付近で、吉林省から流れてきた東遼河と合流し遼河となる。途中の主な支流には教来河、新開河などがある。西遼河流域は、新石器時代に紅山文化が栄えた地域でもある。
rdfs:label
  • 西遼河
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:riverMouth of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:河口 of
is foaf:primaryTopic of