Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 西成鉄道(にしなりてつどう)とは、現在の西日本旅客鉄道大阪環状線の一部及び桜島線を建設した明治時代の私鉄である。1898年、大阪 - 安治川口間を開業。旅客営業は福島 - 安治川口間のみであったが、翌1899年に大阪-福島間でも旅客営業を開始した。1904年、全区間を官設鉄道に貸し渡し、1905年に開業した安治川口-天保山(現在廃止)間も同時に貸し渡された。1906年(明治39年)公布の鉄道国有法により同年12月1日に全線(4M44C)が国有化され、1909年の国有鉄道線路名称制定時に西成線となった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 6525 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6556 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 57 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58834993 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 西成鉄道(にしなりてつどう)とは、現在の西日本旅客鉄道大阪環状線の一部及び桜島線を建設した明治時代の私鉄である。1898年、大阪 - 安治川口間を開業。旅客営業は福島 - 安治川口間のみであったが、翌1899年に大阪-福島間でも旅客営業を開始した。1904年、全区間を官設鉄道に貸し渡し、1905年に開業した安治川口-天保山(現在廃止)間も同時に貸し渡された。1906年(明治39年)公布の鉄道国有法により同年12月1日に全線(4M44C)が国有化され、1909年の国有鉄道線路名称制定時に西成線となった。
rdfs:label
  • 西成鉄道
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of