Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 西御門(にしみかど)は神奈川県鎌倉市鎌倉地域にある大字。雪ノ下の北部に位置する。地名の由来は、鎌倉幕府の鎌倉(大倉)御所の西門があったことから転じ、西門前を南北に通ずる西御門大路の北方の地域を指した。吾妻鏡によると文治2年(1186年)正月5日に「美濃藤次安平西御門家」と記されているのが初見である。建保元年(1213年)5月4日、将軍源実朝は西御門に赴き、和田合戦で傷付いた武士の実検を行っている。元仁元年(1224年)9月5日子ノ刻に三浦義村の「西御門亭」が焼失。暦仁元年(1238年)正月10日には、義村亭の他に後藤基清、三浦家村らの居宅が罹災。義村亭を譲り受けた三浦泰村は、宝治元年(1247年)の合戦で敗れて居宅を焼失。後に北条義時が居を構えた。応永23年(1416年)の上杉禅秀の乱では、禅秀に加担した足利満隆、持仲が義堂周信開祖の保寿院で挙兵。享徳3年(1454年)には関東管領上杉憲忠が鎌倉公方足利成氏の西御門亭で殺害される(享徳の乱)。戦国時代には建長寺の所領があり、天正18年(1590年)4月、豊臣秀吉の小田原征伐に際し、二階堂郷中の一つである当地に禁制を下し、掌握しようとした。正保国絵図には「西御門村」が記録されている。いつの頃からか二階堂、浄明寺、十二所とともに「谷合(やつあい)四ケ村」と称された。明治22年(1889年)の町村制施行で東鎌倉村に属した。明治27年(1894年)の鎌倉町誕生で大字となり、昭和14年(1939年)から鎌倉市の町名となる。昭和43年(1968年)1月1日の住居表示に伴い西御門一丁目-二丁目となった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3272976 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1438 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 60 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58393570 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 西御門(にしみかど)は神奈川県鎌倉市鎌倉地域にある大字。雪ノ下の北部に位置する。地名の由来は、鎌倉幕府の鎌倉(大倉)御所の西門があったことから転じ、西門前を南北に通ずる西御門大路の北方の地域を指した。吾妻鏡によると文治2年(1186年)正月5日に「美濃藤次安平西御門家」と記されているのが初見である。建保元年(1213年)5月4日、将軍源実朝は西御門に赴き、和田合戦で傷付いた武士の実検を行っている。元仁元年(1224年)9月5日子ノ刻に三浦義村の「西御門亭」が焼失。暦仁元年(1238年)正月10日には、義村亭の他に後藤基清、三浦家村らの居宅が罹災。義村亭を譲り受けた三浦泰村は、宝治元年(1247年)の合戦で敗れて居宅を焼失。後に北条義時が居を構えた。応永23年(1416年)の上杉禅秀の乱では、禅秀に加担した足利満隆、持仲が義堂周信開祖の保寿院で挙兵。享徳3年(1454年)には関東管領上杉憲忠が鎌倉公方足利成氏の西御門亭で殺害される(享徳の乱)。戦国時代には建長寺の所領があり、天正18年(1590年)4月、豊臣秀吉の小田原征伐に際し、二階堂郷中の一つである当地に禁制を下し、掌握しようとした。正保国絵図には「西御門村」が記録されている。いつの頃からか二階堂、浄明寺、十二所とともに「谷合(やつあい)四ケ村」と称された。明治22年(1889年)の町村制施行で東鎌倉村に属した。明治27年(1894年)の鎌倉町誕生で大字となり、昭和14年(1939年)から鎌倉市の町名となる。昭和43年(1968年)1月1日の住居表示に伴い西御門一丁目-二丁目となった。
rdfs:label
  • 西御門 (鎌倉市)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of