Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 西川 祐信(にしかわ すけのぶ、寛文11年(1671年) - 寛延3年7月19日(1750年8月20日))とは、江戸時代前期から中期にかけての浮世絵師。江戸を中心とした1枚摺の作品で主に語られる浮世絵の歴史の中で、祐信は京都で活躍し、絵本を主に手がけたためやや等閑視されるきらいがある。しかし、当世風俗描写を主体としていたそれまでの浮世絵に、祐信は古典の知識を作中に引用してこれを当世風に表すなど、抑揚の効いた理知的な美を追求し、次代の浮世絵師たちに大きな影響を与えた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 909121 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4160 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 83 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58352715 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:alt
  • 東京国立博物館 所蔵
prop-ja:footer
  • 向きの違う二幅の『柱時計美人図』肉筆画
prop-ja:height
  • 2144 (xsd:integer)
  • 2340 (xsd:integer)
prop-ja:image
  • Sukenobu_Peinture_sur_soie.JPG
  • Nishikawa sukenobu, Bellezza e orologio, periodo edo, XVIII sec.JPG
prop-ja:totalWidth
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:width
  • 924 (xsd:integer)
  • 1424 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 西川 祐信(にしかわ すけのぶ、寛文11年(1671年) - 寛延3年7月19日(1750年8月20日))とは、江戸時代前期から中期にかけての浮世絵師。江戸を中心とした1枚摺の作品で主に語られる浮世絵の歴史の中で、祐信は京都で活躍し、絵本を主に手がけたためやや等閑視されるきらいがある。しかし、当世風俗描写を主体としていたそれまでの浮世絵に、祐信は古典の知識を作中に引用してこれを当世風に表すなど、抑揚の効いた理知的な美を追求し、次代の浮世絵師たちに大きな影響を与えた。
rdfs:label
  • 西川祐信
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of