西ローマ帝国(にしローマていこく)とはローマ帝国のうち西半分の地域を指す呼称である。一般に、テオドシウス1世死後の西方正帝が支配した領域と時代に限定して用いられるが、286年のディオクレティアヌス帝による東方正帝と西方正帝による分担統治開始(テトラルキアの第一段階)以降のローマ帝国の西半分として用いられることもある。 395年にテオドシウス1世が死去すると、その遺領は父テオドシウスの下で既に正帝を名乗っていた2人の息子アルカディウスとホノリウスに分割されたが、一般に、この時点をもって西ローマ帝国時代の始まりとされる。西ローマ帝国時代の終わりとしては、オドアケルによる476年9月4日のロムルス・アウグストゥルス廃位までとするのが一般的であるが、480年のユリウス・ネポス殺害までとすることもある。通常、この西方正帝の消滅をもって古代の終わり・中世の始まりとする。西ローマ帝国は中世においてもギリシア化を免れ、古代ローマ式の文化と伝統とが保存された。西ローマ帝国内に定住した蛮族たちも次第にカトリック教会に感化されてローマ化し、カトリック信仰やローマの文化、ローマ法を採用して、自らを古代ローマの「真の相続者」であると認識していた。

Property Value
dbo:abstract
  • 西ローマ帝国(にしローマていこく)とはローマ帝国のうち西半分の地域を指す呼称である。一般に、テオドシウス1世死後の西方正帝が支配した領域と時代に限定して用いられるが、286年のディオクレティアヌス帝による東方正帝と西方正帝による分担統治開始(テトラルキアの第一段階)以降のローマ帝国の西半分として用いられることもある。 395年にテオドシウス1世が死去すると、その遺領は父テオドシウスの下で既に正帝を名乗っていた2人の息子アルカディウスとホノリウスに分割されたが、一般に、この時点をもって西ローマ帝国時代の始まりとされる。西ローマ帝国時代の終わりとしては、オドアケルによる476年9月4日のロムルス・アウグストゥルス廃位までとするのが一般的であるが、480年のユリウス・ネポス殺害までとすることもある。通常、この西方正帝の消滅をもって古代の終わり・中世の始まりとする。西ローマ帝国は中世においてもギリシア化を免れ、古代ローマ式の文化と伝統とが保存された。西ローマ帝国内に定住した蛮族たちも次第にカトリック教会に感化されてローマ化し、カトリック信仰やローマの文化、ローマ法を採用して、自らを古代ローマの「真の相続者」であると認識していた。 なお「西ローマ帝国」と「東ローマ帝国」は共に後世の人間による呼称であり、当時の国法的にはローマ帝国が東西に「分裂」したという事実は存在せず、西ローマ帝国・東ローマ帝国というふたつの国家も存在しなかった。複数の皇帝による帝国の分担統治はディオクレティアヌスのテトラルキア以後の常態であり、それらは単に広大なローマ帝国を有効に統治するための便宜(複都制)にすぎなかった。ローマ帝国の東部と西部は現実には別個の発展をたどることになったものの、それらは、ひとつのローマ帝国の西方領土(西の部分)と東方領土(東の部分)だったのである。両地域の政府や住民が自らの国を単にローマ帝国と呼んだのも、こうした認識によるものである。 (ja)
  • 西ローマ帝国(にしローマていこく)とはローマ帝国のうち西半分の地域を指す呼称である。一般に、テオドシウス1世死後の西方正帝が支配した領域と時代に限定して用いられるが、286年のディオクレティアヌス帝による東方正帝と西方正帝による分担統治開始(テトラルキアの第一段階)以降のローマ帝国の西半分として用いられることもある。 395年にテオドシウス1世が死去すると、その遺領は父テオドシウスの下で既に正帝を名乗っていた2人の息子アルカディウスとホノリウスに分割されたが、一般に、この時点をもって西ローマ帝国時代の始まりとされる。西ローマ帝国時代の終わりとしては、オドアケルによる476年9月4日のロムルス・アウグストゥルス廃位までとするのが一般的であるが、480年のユリウス・ネポス殺害までとすることもある。通常、この西方正帝の消滅をもって古代の終わり・中世の始まりとする。西ローマ帝国は中世においてもギリシア化を免れ、古代ローマ式の文化と伝統とが保存された。西ローマ帝国内に定住した蛮族たちも次第にカトリック教会に感化されてローマ化し、カトリック信仰やローマの文化、ローマ法を採用して、自らを古代ローマの「真の相続者」であると認識していた。 なお「西ローマ帝国」と「東ローマ帝国」は共に後世の人間による呼称であり、当時の国法的にはローマ帝国が東西に「分裂」したという事実は存在せず、西ローマ帝国・東ローマ帝国というふたつの国家も存在しなかった。複数の皇帝による帝国の分担統治はディオクレティアヌスのテトラルキア以後の常態であり、それらは単に広大なローマ帝国を有効に統治するための便宜(複都制)にすぎなかった。ローマ帝国の東部と西部は現実には別個の発展をたどることになったものの、それらは、ひとつのローマ帝国の西方領土(西の部分)と東方領土(東の部分)だったのである。両地域の政府や住民が自らの国を単にローマ帝国と呼んだのも、こうした認識によるものである。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 65693 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 33399 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80596422 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2009 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:亡国時期
  • 476 (xsd:integer)
prop-ja:位置画像
  • Western Roman Empire.png (ja)
  • Western Roman Empire.png (ja)
prop-ja:位置画像説明
  • 395 (xsd:integer)
prop-ja:元首等年代始
  • 395 (xsd:integer)
  • 423 (xsd:integer)
  • 474 (xsd:integer)
prop-ja:元首等年代終
  • 423 (xsd:integer)
  • 455 (xsd:integer)
  • 480 (xsd:integer)
prop-ja:元首等氏名
prop-ja:元首等肩書
prop-ja:先代
  • ローマ帝国 (ja)
  • ローマ帝国 (ja)
prop-ja:先旗
  • Vexilloid of the Roman Empire.svg (ja)
  • Vexilloid of the Roman Empire.svg (ja)
prop-ja:先旗1縁
  • no (ja)
  • no (ja)
prop-ja:公用語
prop-ja:国章リンク
prop-ja:国章画像
  • Labarum.svg (ja)
  • Labarum.svg (ja)
prop-ja:変遷
prop-ja:変遷年月日
  • 285 (xsd:integer)
  • 395 (xsd:integer)
  • 476 (xsd:integer)
  • 480 (xsd:integer)
prop-ja:建国時期
  • 395 (xsd:integer)
prop-ja:日本語国名
  • ローマ帝国 (ja)
  • ローマ帝国 (ja)
prop-ja:次代
  • フランク王国 (ja)
  • ブルグント王国 (ja)
  • ヴァンダル王国 (ja)
  • 東ゴート王国 (ja)
  • 西ゴート王国 (ja)
  • フランク王国 (ja)
  • ブルグント王国 (ja)
  • ヴァンダル王国 (ja)
  • 東ゴート王国 (ja)
  • 西ゴート王国 (ja)
prop-ja:略名
  • 西ローマ (ja)
  • 西ローマ (ja)
prop-ja:首都
  • ((現ミラノ、286年-402年)) (ja)
  • ((現ラヴェンナ、402年-476年)) (ja)
  • メディオラーヌム (ja)
  • ラウェンナ (ja)
  • ((現ミラノ、286年-402年)) (ja)
  • ((現ラヴェンナ、402年-476年)) (ja)
  • メディオラーヌム (ja)
  • ラウェンナ (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 西ローマ帝国(にしローマていこく)とはローマ帝国のうち西半分の地域を指す呼称である。一般に、テオドシウス1世死後の西方正帝が支配した領域と時代に限定して用いられるが、286年のディオクレティアヌス帝による東方正帝と西方正帝による分担統治開始(テトラルキアの第一段階)以降のローマ帝国の西半分として用いられることもある。 395年にテオドシウス1世が死去すると、その遺領は父テオドシウスの下で既に正帝を名乗っていた2人の息子アルカディウスとホノリウスに分割されたが、一般に、この時点をもって西ローマ帝国時代の始まりとされる。西ローマ帝国時代の終わりとしては、オドアケルによる476年9月4日のロムルス・アウグストゥルス廃位までとするのが一般的であるが、480年のユリウス・ネポス殺害までとすることもある。通常、この西方正帝の消滅をもって古代の終わり・中世の始まりとする。西ローマ帝国は中世においてもギリシア化を免れ、古代ローマ式の文化と伝統とが保存された。西ローマ帝国内に定住した蛮族たちも次第にカトリック教会に感化されてローマ化し、カトリック信仰やローマの文化、ローマ法を採用して、自らを古代ローマの「真の相続者」であると認識していた。 (ja)
  • 西ローマ帝国(にしローマていこく)とはローマ帝国のうち西半分の地域を指す呼称である。一般に、テオドシウス1世死後の西方正帝が支配した領域と時代に限定して用いられるが、286年のディオクレティアヌス帝による東方正帝と西方正帝による分担統治開始(テトラルキアの第一段階)以降のローマ帝国の西半分として用いられることもある。 395年にテオドシウス1世が死去すると、その遺領は父テオドシウスの下で既に正帝を名乗っていた2人の息子アルカディウスとホノリウスに分割されたが、一般に、この時点をもって西ローマ帝国時代の始まりとされる。西ローマ帝国時代の終わりとしては、オドアケルによる476年9月4日のロムルス・アウグストゥルス廃位までとするのが一般的であるが、480年のユリウス・ネポス殺害までとすることもある。通常、この西方正帝の消滅をもって古代の終わり・中世の始まりとする。西ローマ帝国は中世においてもギリシア化を免れ、古代ローマ式の文化と伝統とが保存された。西ローマ帝国内に定住した蛮族たちも次第にカトリック教会に感化されてローマ化し、カトリック信仰やローマの文化、ローマ法を採用して、自らを古代ローマの「真の相続者」であると認識していた。 (ja)
rdfs:label
  • 西ローマ帝国 (ja)
  • 西ローマ帝国 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:footer of
is prop-ja:title of
is prop-ja:元首等氏名 of
is prop-ja:君主号 of
is prop-ja:変遷 of
is prop-ja:死去地 of
is prop-ja:没地 of
is prop-ja:生誕地 of
is foaf:primaryTopic of