Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 西プロイセンWestpreußen西プロイセンの位置赤い部分が西プロイセン、プロイセン王国時代と1878年からのドイツ帝国時代。西プロイセン(にしプロイセン、ヴェストプロイセン、ドイツ語: Westpreußen; ポーランド語: Prusy Zachodnie)は、ポーランド王領プロシア併合後の1773年から1824年と、1878年から1919年(もしくは1920年)までの間に存在したプロイセン王国の行政区である。現在はポーランド領であり、いわゆる旧ドイツ東部領土の一部をなす。1918年のドイツの第一次世界大戦敗戦後、1920年2月に西プロイセンの中央部はいわゆるポーランド回廊および自由都市ダンツィヒとなり、一部はヴァイマル共和政ドイツに残り、新しくポーゼン=西プロイセン州となり、一方は東プロイセンの西プロイセン県として編入された。西プロイセンはナチス・ドイツ時代の1939年から1945年の間の帝国大管区であるダンツィヒ=西プロイセン帝国大管区に含まれ、第二次世界大戦後にポーランド領となった(回復領)。西プロイセンは歴史上、13世紀から1945年にかけて一般的な地域名称として使われてきた。中世時代には主にスラブ系の人々が暮らしていた。ヴィスワ川西側のポメレリアに住んでいたポメラニア人や、クルムラントに住んでいたマゾヴィア人などである。しかし、古プロイセン人であるプルーセン(主にポメサニア人)も、ヴィスワ川の東とクルムラントの北に住んでいた。歴史的に移民が多い地域であり、文化的変遷とともに移民の種類も変わってきた。そのため、ドイツ人、カシューブ人 (Kashubians)、ポーランド人、ユグノー、メノナイトまたはスコットランド人など、様々な人種が混血するようになった。現在では西プロイセンの領土のほとんどはポーランドのポモージェ県に位置しており、かつての西プロイセンの中心都市であったグダニスク(ドイツ語名ダンツィヒ)が現在のポモージェ県の首都である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2211796 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6748 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 98 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55013433 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:亡国時期
  • 1922 (xsd:integer)
prop-ja:人口値
  • 143 (xsd:integer)
prop-ja:人口測定時期
  • 1890 (xsd:integer)
prop-ja:位置画像
  • Map-Prussia-WestPrussia.svg
prop-ja:位置画像説明
  • 赤い部分が西プロイセン、プロイセン王国時代と1878年からのドイツ帝国時代。
prop-ja:先代
  • ポーランド王領プロシア
  • ダンツィヒ自由都市
  • ネッツェ地区
prop-ja:先旗
  • Flag of Prussia .svg
  • Gdansk flag.svg
prop-ja:公式国名
  • Westpreußen
prop-ja:公用語
  • ドイツ語
  • ポーランド語など
prop-ja:国旗画像
  • Flagge Preußen - Provinz Westpreußen.svg
prop-ja:国章画像
  • Wappen Preußische Provinzen - Westpreußen.png
prop-ja:変遷
prop-ja:変遷年月日
  • 1806 (xsd:integer)
  • 1815 (xsd:integer)
  • 1824 (xsd:integer)
  • 1919 (xsd:integer)
prop-ja:建国時期
  • 1773 (xsd:integer)
prop-ja:日本語国名
  • 西プロイセン
prop-ja:次代
  • ポーランド第二共和国
  • ダンツィヒ自由都市
  • ポーゼン=西プロイセン州
prop-ja:次旗
  • Flag of Poland.svg
  • Gdansk flag.svg
  • Flagge Preußen - Grenzmark Posen-Westpreußen.svg
prop-ja:面積値
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:面積測定時期
  • 1890 (xsd:integer)
prop-ja:首都
  • ダンツィヒ
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 西プロイセンWestpreußen西プロイセンの位置赤い部分が西プロイセン、プロイセン王国時代と1878年からのドイツ帝国時代。西プロイセン(にしプロイセン、ヴェストプロイセン、ドイツ語: Westpreußen; ポーランド語: Prusy Zachodnie)は、ポーランド王領プロシア併合後の1773年から1824年と、1878年から1919年(もしくは1920年)までの間に存在したプロイセン王国の行政区である。現在はポーランド領であり、いわゆる旧ドイツ東部領土の一部をなす。1918年のドイツの第一次世界大戦敗戦後、1920年2月に西プロイセンの中央部はいわゆるポーランド回廊および自由都市ダンツィヒとなり、一部はヴァイマル共和政ドイツに残り、新しくポーゼン=西プロイセン州となり、一方は東プロイセンの西プロイセン県として編入された。西プロイセンはナチス・ドイツ時代の1939年から1945年の間の帝国大管区であるダンツィヒ=西プロイセン帝国大管区に含まれ、第二次世界大戦後にポーランド領となった(回復領)。西プロイセンは歴史上、13世紀から1945年にかけて一般的な地域名称として使われてきた。中世時代には主にスラブ系の人々が暮らしていた。ヴィスワ川西側のポメレリアに住んでいたポメラニア人や、クルムラントに住んでいたマゾヴィア人などである。しかし、古プロイセン人であるプルーセン(主にポメサニア人)も、ヴィスワ川の東とクルムラントの北に住んでいた。歴史的に移民が多い地域であり、文化的変遷とともに移民の種類も変わってきた。そのため、ドイツ人、カシューブ人 (Kashubians)、ポーランド人、ユグノー、メノナイトまたはスコットランド人など、様々な人種が混血するようになった。現在では西プロイセンの領土のほとんどはポーランドのポモージェ県に位置しており、かつての西プロイセンの中心都市であったグダニスク(ドイツ語名ダンツィヒ)が現在のポモージェ県の首都である。
rdfs:label
  • 西プロイセン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:birthPlace of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of