Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 製鋼(せいこう)とは、鋼を製造することをいい、溶銑をつくらない直接製鋼法と溶銑をつくってから低炭素化する間接製鋼法の2つに大別される。直接製鋼法はたたら吹きにみられる方法で日本刀の素材はこの方法より作られる。間接製造法には日本古来のたたら製鉄があったが、現在では製鋼能率が高い転炉法が近代製鋼法の主流をなしている。転炉法は高炉で出来た銑鉄(溶銑)を、脱炭により溶鋼とする方法である。高炉で溶銑をつくるプロセスを製鉄法というが、昔は溶銑製造能力が鋼材製造量を左右する重要なプロセスであったため、製鋼=製鉄というような用法が普及しているが厳密には以上の違いが存在する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 102753 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 449 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58394951 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 製鋼(せいこう)とは、鋼を製造することをいい、溶銑をつくらない直接製鋼法と溶銑をつくってから低炭素化する間接製鋼法の2つに大別される。直接製鋼法はたたら吹きにみられる方法で日本刀の素材はこの方法より作られる。間接製造法には日本古来のたたら製鉄があったが、現在では製鋼能率が高い転炉法が近代製鋼法の主流をなしている。転炉法は高炉で出来た銑鉄(溶銑)を、脱炭により溶鋼とする方法である。高炉で溶銑をつくるプロセスを製鉄法というが、昔は溶銑製造能力が鋼材製造量を左右する重要なプロセスであったため、製鋼=製鉄というような用法が普及しているが厳密には以上の違いが存在する。
rdfs:label
  • 製鋼
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of