Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 裏松 光世(うらまつ みつよ、元文元年11月11日(1736年12月12日) - 文化元年7月26日(1804年8月31日))は、江戸時代の有職故実家、公卿。烏丸光栄の子、裏松益光の養子。日野資枝は弟。法名は固禅。娘に、直子(正姫、度会房光室)、周子がいる。思想家竹内敬持と往来があり、宝暦事件に連座し、江戸幕府の忌諱にふれ遠慮という処分を受け2年後「所労と称し出仕致さざる事」との沙汰で永蟄居を命ぜられ、出家させられた。30年の蟄居生活の間に『大内裏図考證』を著した。天明8年(1788年)内裏が焼失し、その再建にあたり、その著書の考證を参考とする事となり、その功により、勅命により赦免される。褒賞として錦5把、銀10枚を下賜された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 979430 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1531 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 51 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58177280 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 裏松 光世(うらまつ みつよ、元文元年11月11日(1736年12月12日) - 文化元年7月26日(1804年8月31日))は、江戸時代の有職故実家、公卿。烏丸光栄の子、裏松益光の養子。日野資枝は弟。法名は固禅。娘に、直子(正姫、度会房光室)、周子がいる。思想家竹内敬持と往来があり、宝暦事件に連座し、江戸幕府の忌諱にふれ遠慮という処分を受け2年後「所労と称し出仕致さざる事」との沙汰で永蟄居を命ぜられ、出家させられた。30年の蟄居生活の間に『大内裏図考證』を著した。天明8年(1788年)内裏が焼失し、その再建にあたり、その著書の考證を参考とする事となり、その功により、勅命により赦免される。褒賞として錦5把、銀10枚を下賜された。
rdfs:label
  • 裏松光世
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:人物 of
is foaf:primaryTopic of