Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 装束司(しょうぞくし)とは、朝廷の儀式や天皇の行幸の際に、その衣装や設備の設営を担当する役人のこと。神亀3年(726年)の聖武天皇の播磨国行幸の際に任じられたのが最初の例とされる。後に長官(三位・1名)・次官(2名)・判官(3名)・主典(3名)の制度が導入され、斎宮の伊勢神宮下向や皇族・大臣の葬儀の際にも任命されるようになった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 802347 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 287 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57008661 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 装束司(しょうぞくし)とは、朝廷の儀式や天皇の行幸の際に、その衣装や設備の設営を担当する役人のこと。神亀3年(726年)の聖武天皇の播磨国行幸の際に任じられたのが最初の例とされる。後に長官(三位・1名)・次官(2名)・判官(3名)・主典(3名)の制度が導入され、斎宮の伊勢神宮下向や皇族・大臣の葬儀の際にも任命されるようになった。
rdfs:label
  • 装束司
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of