Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 衣浦港(きぬうらこう)は、愛知県三河湾西部・知多湾奥の境川河口部に位置し、碧南市・半田市・高浜市・武豊町にまたがる港湾。別名衣浦湾。港湾管理者は愛知県。港湾法上の重要港湾、港則法上の特定港に指定されている。かつて衣ヶ浦(ころもがうら)と呼ばれ(豊田市の旧称「挙母」(ころも)も同源)、古くから栄えている。明治期には、名古屋港よりも武豊港の方が大型船舶の寄港に有利であったため、武豊線が東海道本線に先んじて建設されたが、現在では、西三河・知多地域の工業品は主に名古屋港や三河港(東三河地方)より輸送されており、衣浦港の比率は小さいものとなっている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 162281 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1248 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 41 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56741743 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 衣浦港(きぬうらこう)は、愛知県三河湾西部・知多湾奥の境川河口部に位置し、碧南市・半田市・高浜市・武豊町にまたがる港湾。別名衣浦湾。港湾管理者は愛知県。港湾法上の重要港湾、港則法上の特定港に指定されている。かつて衣ヶ浦(ころもがうら)と呼ばれ(豊田市の旧称「挙母」(ころも)も同源)、古くから栄えている。明治期には、名古屋港よりも武豊港の方が大型船舶の寄港に有利であったため、武豊線が東海道本線に先んじて建設されたが、現在では、西三河・知多地域の工業品は主に名古屋港や三河港(東三河地方)より輸送されており、衣浦港の比率は小さいものとなっている。
rdfs:label
  • 衣浦港
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:west of
is foaf:primaryTopic of