Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『衝動殺人 息子よ』(しょうどうさつじん むすこよ)は、1979年(昭和54年)9月15日に公開された日本映画。1978年(昭和53年)に『中央公論』で連載された長編ノンフィクション「衝動殺人」(作者は佐藤秀郎)が原作。製作は松竹・TBS、監督は木下惠介、主演は若山富三郎・高峰秀子。この映画で若山はキネマ旬報主演男優賞・ブルーリボン賞・毎日映画コンクール・日本アカデミー賞などの主演男優賞を受賞した。また同じく主演の高峰は、この映画を最後に女優を引退した。この映画が世論を動かし、犯罪被害者給付金制度の成立に貢献したとも言われる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2265696 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2784 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 62 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58029466 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『衝動殺人 息子よ』(しょうどうさつじん むすこよ)は、1979年(昭和54年)9月15日に公開された日本映画。1978年(昭和53年)に『中央公論』で連載された長編ノンフィクション「衝動殺人」(作者は佐藤秀郎)が原作。製作は松竹・TBS、監督は木下惠介、主演は若山富三郎・高峰秀子。この映画で若山はキネマ旬報主演男優賞・ブルーリボン賞・毎日映画コンクール・日本アカデミー賞などの主演男優賞を受賞した。また同じく主演の高峰は、この映画を最後に女優を引退した。この映画が世論を動かし、犯罪被害者給付金制度の成立に貢献したとも言われる。
rdfs:label
  • 衝動殺人 息子よ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of