Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 衛生材料(えいせいざいりょう)とは、医療・介護など健康に関わる目的で製造・使用される、主に使い捨て(ディスポーザブル)の資器材である。代表的なものとして、以下のようなものがある。ガーゼ脱脂綿、アルコール綿、綿棒包帯マスク手袋絆創膏、サージカルテープ医療・介護用として販売されているもので、パッケージが開封されていないものは、一般的な意味で清潔といえるが、特に断りがなければ製造段階で滅菌されているわけではない。滅菌ずみの製品は、「滅菌ガーゼ」などと明示されている。なお、医療機関によっては、滅菌されていない製品を独自に滅菌して使用している場合もある。介護の分野では使い捨てのエプロンやベッドパッドなども衛生材料として頻繁に使用される。また、コンドームを衛生材料と呼ぶこともある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 952719 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 763 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46522876 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 衛生材料(えいせいざいりょう)とは、医療・介護など健康に関わる目的で製造・使用される、主に使い捨て(ディスポーザブル)の資器材である。代表的なものとして、以下のようなものがある。ガーゼ脱脂綿、アルコール綿、綿棒包帯マスク手袋絆創膏、サージカルテープ医療・介護用として販売されているもので、パッケージが開封されていないものは、一般的な意味で清潔といえるが、特に断りがなければ製造段階で滅菌されているわけではない。滅菌ずみの製品は、「滅菌ガーゼ」などと明示されている。なお、医療機関によっては、滅菌されていない製品を独自に滅菌して使用している場合もある。介護の分野では使い捨てのエプロンやベッドパッドなども衛生材料として頻繁に使用される。また、コンドームを衛生材料と呼ぶこともある。
rdfs:label
  • 衛生材料
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of