Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 衛星海洋学(えいせいかいようがく)は、人工衛星による地球観測データを基に海洋の物理、生物、化学的な状態をリモートセンシングの手法によって求めるアルゴリズムを開発する工学的な学問である。海洋学の一分野であり、アルゴリズム中に衛星観測データから大気の放射等の影響を除く必要があるため大気放射学等の知識も求められる。衛星海洋学による観測は広範囲のデータを即時的に取得することができるため、気象・海洋の予報モデル等の入力データとして重視されている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 424858 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1038 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 34216863 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 衛星海洋学(えいせいかいようがく)は、人工衛星による地球観測データを基に海洋の物理、生物、化学的な状態をリモートセンシングの手法によって求めるアルゴリズムを開発する工学的な学問である。海洋学の一分野であり、アルゴリズム中に衛星観測データから大気の放射等の影響を除く必要があるため大気放射学等の知識も求められる。衛星海洋学による観測は広範囲のデータを即時的に取得することができるため、気象・海洋の予報モデル等の入力データとして重視されている。
rdfs:label
  • 衛星海洋学
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of