Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 行徳駅前公園(ぎょうとくえきまえこうえん)は、千葉県市川市の南部、行徳地区に設置された公園である。ミニSLが名物であるほか、芝生広場や噴水、公園プールといった設備がある。1973年(1974年説もある)土地区画整理事業(市川都市計画事業)の一環で設置。オープン当初はプールを設備した他は整備途中であり、敷地内の多くは原っぱのままだったとされる。名物のSLは1976年に市川蒸気鉄道クラブからの提案がきっかけだったという。寄贈されたレールを市川市が敷設し、運営は市川蒸気鉄道クラブに委託して現在(2015年)に至る。ミニSLは、石炭を焚き煙を吐いて走行する(ライブスチーム)。定期的に開催される運転会では体験乗車が可能である。プールは25mプールとひょうたん型の子供用ミニプールがある。噴水広場は1990年頃に設備された。6.0mの高さまで吹き上がる噴水を囲むようにベンチがあり、暑い日には子供が遊ぶ姿とそれを見守る親が風物となる。公園管理事務所には大小の研修室があり、一般向けに貸し出しをしている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3259534 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2560 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56459881 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 行徳駅前公園(ぎょうとくえきまえこうえん)は、千葉県市川市の南部、行徳地区に設置された公園である。ミニSLが名物であるほか、芝生広場や噴水、公園プールといった設備がある。1973年(1974年説もある)土地区画整理事業(市川都市計画事業)の一環で設置。オープン当初はプールを設備した他は整備途中であり、敷地内の多くは原っぱのままだったとされる。名物のSLは1976年に市川蒸気鉄道クラブからの提案がきっかけだったという。寄贈されたレールを市川市が敷設し、運営は市川蒸気鉄道クラブに委託して現在(2015年)に至る。ミニSLは、石炭を焚き煙を吐いて走行する(ライブスチーム)。定期的に開催される運転会では体験乗車が可能である。プールは25mプールとひょうたん型の子供用ミニプールがある。噴水広場は1990年頃に設備された。6.0mの高さまで吹き上がる噴水を囲むようにベンチがあり、暑い日には子供が遊ぶ姿とそれを見守る親が風物となる。公園管理事務所には大小の研修室があり、一般向けに貸し出しをしている。
rdfs:label
  • 行徳駅前公園
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of