Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 血縁選択説(けつえんせんたくせつ)とは、自然選択による生物の進化を考えるには、個体が自ら残す子孫の数だけではなく、遺伝子を共有する血縁者の繁殖成功に与える影響も考慮すべきだとする進化生物学の理論。これによって、血縁個体に対する利他行動の進化を説明することができる。血縁淘汰説ともいう。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 651514 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13676 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 101 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59195124 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 血縁選択説(けつえんせんたくせつ)とは、自然選択による生物の進化を考えるには、個体が自ら残す子孫の数だけではなく、遺伝子を共有する血縁者の繁殖成功に与える影響も考慮すべきだとする進化生物学の理論。これによって、血縁個体に対する利他行動の進化を説明することができる。血縁淘汰説ともいう。
rdfs:label
  • 血縁選択説
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is foaf:primaryTopic of