Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 血の日曜日事件(リトアニア語: Sausio įvykiai)とは、ソ連末期の1991年1月、独立運動が高まるリトアニアにソ連軍が侵攻し、リトアニアの民間人が死傷した事件を指す。欧米メディアが「血の日曜日」(Bloody Sunday)と報じたことから、日本でも「血の日曜日事件」と呼ばれるようになった。しかし、リトアニアではこの名称は知られておらず、「1月事件」あるいは「1月13日事件」と呼ばれる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2596576 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2333 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58976204 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 血の日曜日事件(リトアニア語: Sausio įvykiai)とは、ソ連末期の1991年1月、独立運動が高まるリトアニアにソ連軍が侵攻し、リトアニアの民間人が死傷した事件を指す。欧米メディアが「血の日曜日」(Bloody Sunday)と報じたことから、日本でも「血の日曜日事件」と呼ばれるようになった。しかし、リトアニアではこの名称は知られておらず、「1月事件」あるいは「1月13日事件」と呼ばれる。
rdfs:label
  • 血の日曜日事件 (リトアニア)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of