Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『蠅の王』(はえのおう、原題:Lord of the Flies)は、1954年出版のウィリアム・ゴールディングの小説。題名の「蠅の王」とは、聖書に登場する悪魔であるベルゼブブを指しており、作品中では蠅が群がる豚の生首を「蠅の王」と形容している。また、生首が豚であるのは、七つの大罪のうちのベルゼブブが司る『暴食』を象徴する動物が、豚であるからと思われる。1963年にはピーター・ブルック監督、1990年にはハリー・フック監督で映画化された。
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:literaryGenre
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:translator
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 28668 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5181 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 71 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58321483 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
prop-ja:genre
prop-ja:id
  • ISBN 978-4-08-760578-5
  • ISBN 978-4-10-214601-9
prop-ja:language
prop-ja:origTitle
  • Lord of the Flies
prop-ja:portal
  • 文学
prop-ja:published
  • 新潮文庫版(1975年3月)
  • 集英社文庫新装版(2009年6月)
  • 集英社文庫旧版(1978年1月)
prop-ja:publisher
  • 新潮社
  • 集英社
prop-ja:title
  • 『蝿の王』
  • (はえのおう)
prop-ja:translator
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『蠅の王』(はえのおう、原題:Lord of the Flies)は、1954年出版のウィリアム・ゴールディングの小説。題名の「蠅の王」とは、聖書に登場する悪魔であるベルゼブブを指しており、作品中では蠅が群がる豚の生首を「蠅の王」と形容している。また、生首が豚であるのは、七つの大罪のうちのベルゼブブが司る『暴食』を象徴する動物が、豚であるからと思われる。1963年にはピーター・ブルック監督、1990年にはハリー・フック監督で映画化された。
rdfs:label
  • 蝿の王
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Lord of the Flies
  • 『蝿の王』
  • (はえのおう)
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of