Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 蜈蚣切(むかできり)は、平安時代中期の貴族・武将、藤原秀郷が所用したと伝えられる太刀である。「蜈蚣切丸(むかできりまる)」とも。伊勢神宮の所蔵品中に本品に該当する太刀があり(後述)、名称は「太刀 無銘(伝 神息)」、時代・伝来については「伝 10世紀平安時代中期 伝 藤原秀郷佩用 号蜈蚣切」とされている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3200159 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1777 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56367526 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 蜈蚣切(むかできり)は、平安時代中期の貴族・武将、藤原秀郷が所用したと伝えられる太刀である。「蜈蚣切丸(むかできりまる)」とも。伊勢神宮の所蔵品中に本品に該当する太刀があり(後述)、名称は「太刀 無銘(伝 神息)」、時代・伝来については「伝 10世紀平安時代中期 伝 藤原秀郷佩用 号蜈蚣切」とされている。
rdfs:label
  • 蜈蚣切
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of