Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 蛍光ペン(けいこうペン)は、フェルトペンのうち、半透明の蛍光性インクを用いたものである。その多くは水性蛍光顔料インクである。他の一般筆記用具で記した文字ないし印刷文字の上から、重ねてラインを引く用途に用いられる。半透明であるため重ね塗りされた文字を読みやすく、また蛍光色で目立ちやすいことから、教科書や参考書などの重要な語句をチェックする学生たちに多く利用されている。蛍光ペンの色には主に、黄色、黄緑色、オレンジ色、ピンク色、水色(空色)、紫色などがある。このうち、黄色など一部の淡い色は、複写機でもコピーされない特徴がある。近年はカートリッジインクを使用したものや、消去が可能な蛍光ペンも発売されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 39106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1370 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 49 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49660973 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 蛍光ペン(けいこうペン)は、フェルトペンのうち、半透明の蛍光性インクを用いたものである。その多くは水性蛍光顔料インクである。他の一般筆記用具で記した文字ないし印刷文字の上から、重ねてラインを引く用途に用いられる。半透明であるため重ね塗りされた文字を読みやすく、また蛍光色で目立ちやすいことから、教科書や参考書などの重要な語句をチェックする学生たちに多く利用されている。蛍光ペンの色には主に、黄色、黄緑色、オレンジ色、ピンク色、水色(空色)、紫色などがある。このうち、黄色など一部の淡い色は、複写機でもコピーされない特徴がある。近年はカートリッジインクを使用したものや、消去が可能な蛍光ペンも発売されている。
rdfs:label
  • 蛍光ペン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of