Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 蛍光(けいこう、英: fluorescence)とは、発光現象の分類。最も広義には、ルミネセンスによる光(発光)全般を指す。広義には、ルミネセンスのうち、電子の励起源が可視光より短波長の電磁波による発光を指す(フォトルミネセンス)。ここでは主にこの意味の蛍光について述べる。狭義には、広義の蛍光のうち、励起のための電磁波を止めるとすぐに発光が消失する、発光寿命が短いものを指す(厳密な定義は各種ある)。発光寿命が長いものは燐光と呼ぶ。なお、紛らわしいが、蛍(ホタル)の発光は化学反応(ケミルミネセンス)によるものであり、蛍光(フォトルミネセンス)とはメカニズムが異なる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 183155 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4317 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 124 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59014956 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 蛍光(けいこう、英: fluorescence)とは、発光現象の分類。最も広義には、ルミネセンスによる光(発光)全般を指す。広義には、ルミネセンスのうち、電子の励起源が可視光より短波長の電磁波による発光を指す(フォトルミネセンス)。ここでは主にこの意味の蛍光について述べる。狭義には、広義の蛍光のうち、励起のための電磁波を止めるとすぐに発光が消失する、発光寿命が短いものを指す(厳密な定義は各種ある)。発光寿命が長いものは燐光と呼ぶ。なお、紛らわしいが、蛍(ホタル)の発光は化学反応(ケミルミネセンス)によるものであり、蛍光(フォトルミネセンス)とはメカニズムが異なる。
rdfs:label
  • 蛍光
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of