Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『藪原検校』(やぶはらけんぎょう)は、井上ひさしの戯曲。1973年(昭和48年)に「西武劇場オープニング記念・井上ひさし作品シリーズ」の第1弾として「五月舎」の制作により初演(木村光一演出)される。それ以降も「地人会」の制作で繰り返し上演される人気演目となり、1990年にエディンバラ国際芸術祭にて最優秀演劇賞を受賞、香港、ニューヨーク、ロンドン、パリなど世界各都市で上演されている。2007年にはホリプロ / Bunkamuraの制作で、蜷川幸雄の新演出による公演が行われた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 834819 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2733 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59236627 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『藪原検校』(やぶはらけんぎょう)は、井上ひさしの戯曲。1973年(昭和48年)に「西武劇場オープニング記念・井上ひさし作品シリーズ」の第1弾として「五月舎」の制作により初演(木村光一演出)される。それ以降も「地人会」の制作で繰り返し上演される人気演目となり、1990年にエディンバラ国際芸術祭にて最優秀演劇賞を受賞、香港、ニューヨーク、ロンドン、パリなど世界各都市で上演されている。2007年にはホリプロ / Bunkamuraの制作で、蜷川幸雄の新演出による公演が行われた。
rdfs:label
  • 藪原検校
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of