Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 藤沢薬品工業株式会社(ふじさわやくひんこうぎょう、Fujisawa Pharmaceutical Co.,Ltd.)とは、かつて日本に存在した大手医薬品メーカー。藤澤友吉が設立し、大阪府大阪市中央区道修町3-4-7に本社と、東京都中央区日本橋本町にも東京本社を置いていた。主な主要取引銀行が三和銀行(後のUFJ銀行、現在の三菱東京UFJ銀行)であるため、三和グループのみどり会にも加盟していた。通称「藤沢薬品」、「フジサワ」、「Fujisawa」。晩年まで使用された「f」の字をあしらったシンボルマークは、U.G.サトーの作による。2004年10月1日、一般用医薬品部門が、山之内製薬の一般用医薬品部門と事業統合および会社分割し、「ゼファーマ」が発足した。同社は後に第一三共に売却され、第一三共ヘルスケアとの合併で消滅している。2005年4月1日に山之内製薬と合併し、医療用医薬品および新薬の研究開発部門を担当する会社として「アステラス製薬」が発足した。なお「藤沢」は創業者の名前が由来であり、神奈川県藤沢市とは無関係である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 140782 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3854 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 139 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58531195 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 藤沢薬品工業株式会社(ふじさわやくひんこうぎょう、Fujisawa Pharmaceutical Co.,Ltd.)とは、かつて日本に存在した大手医薬品メーカー。藤澤友吉が設立し、大阪府大阪市中央区道修町3-4-7に本社と、東京都中央区日本橋本町にも東京本社を置いていた。主な主要取引銀行が三和銀行(後のUFJ銀行、現在の三菱東京UFJ銀行)であるため、三和グループのみどり会にも加盟していた。通称「藤沢薬品」、「フジサワ」、「Fujisawa」。晩年まで使用された「f」の字をあしらったシンボルマークは、U.G.サトーの作による。2004年10月1日、一般用医薬品部門が、山之内製薬の一般用医薬品部門と事業統合および会社分割し、「ゼファーマ」が発足した。同社は後に第一三共に売却され、第一三共ヘルスケアとの合併で消滅している。2005年4月1日に山之内製薬と合併し、医療用医薬品および新薬の研究開発部門を担当する会社として「アステラス製薬」が発足した。なお「藤沢」は創業者の名前が由来であり、神奈川県藤沢市とは無関係である。
rdfs:label
  • 藤沢薬品工業
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of