Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 藤沢 桓夫(ふじさわ たけお、1904年7月12日 - 1989年6月12日)は、日本の小説家。「藤沢恒夫」と表記される場合もあるが、これは誤記である。大阪市生まれ。藤沢南岳の孫で関西大学初の名誉教授となった藤沢黄坡の長男。旧制大阪高校在学中に武田麟太郎(三高)・長沖一・林広次らとともに同人誌『辻馬車』を発刊、1925年同誌に発表した「首」でデビューし新感覚派として目された。1927年大阪高校を卒業し東京帝国大学に入学、在学中は新人会で活動しプロレタリア文学に転向、1930年『傷だらけの歌』を書く。1931年文学部国文科を卒業したのち肺病で大阪に帰り、1936年『花粉』、1941年 - 1942年の『新雪』で新聞小説家として復帰。その後、大衆・流行作家として数多くの小説を書き、晩年まで関西文壇の長老として活動を続けた。アマチュア五段(没後七段を追贈された)の段位を持つ程の、文士きっての将棋好きとしても知られ、その腕前は山口瞳から「ほとんどプロに近い」と評されている。また、それを生かした将棋を題材にした小説や随筆を多く書き、新境地を開いた。作家石浜恒夫の従兄にあたる。また、直接の関係は無いが歌手の藤島桓夫の芸名の由来である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1205823 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2558 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50615876 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 藤沢 桓夫(ふじさわ たけお、1904年7月12日 - 1989年6月12日)は、日本の小説家。「藤沢恒夫」と表記される場合もあるが、これは誤記である。大阪市生まれ。藤沢南岳の孫で関西大学初の名誉教授となった藤沢黄坡の長男。旧制大阪高校在学中に武田麟太郎(三高)・長沖一・林広次らとともに同人誌『辻馬車』を発刊、1925年同誌に発表した「首」でデビューし新感覚派として目された。1927年大阪高校を卒業し東京帝国大学に入学、在学中は新人会で活動しプロレタリア文学に転向、1930年『傷だらけの歌』を書く。1931年文学部国文科を卒業したのち肺病で大阪に帰り、1936年『花粉』、1941年 - 1942年の『新雪』で新聞小説家として復帰。その後、大衆・流行作家として数多くの小説を書き、晩年まで関西文壇の長老として活動を続けた。アマチュア五段(没後七段を追贈された)の段位を持つ程の、文士きっての将棋好きとしても知られ、その腕前は山口瞳から「ほとんどプロに近い」と評されている。また、それを生かした将棋を題材にした小説や随筆を多く書き、新境地を開いた。作家石浜恒夫の従兄にあたる。また、直接の関係は無いが歌手の藤島桓夫の芸名の由来である。
rdfs:label
  • 藤沢桓夫
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of