Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 藤村 正太(ふじむら しょうた、1924年1月9日 - 1977年3月15日)は、日本の推理作家・小説家。社会派推理小説の作家の一人。京城市出身。別名に川島郁夫。第一高等学校を経て東京大学法学部を卒業。「私だけが知っている」の脚本執筆陣に参加。1961年、「孤独なアスファルト」により第9回江戸川乱歩賞を受賞。1977年、肺結核による肺性心のため死去。藤村と同じく『宝石』誌の懸賞入選で推理作家として世に出た土屋隆夫は、自著『推理小説作法』のなかで、藤村が藤村操の縁者かもしれない、という推測を記している。その理由は、「藤村」という苗字が共通すること以外に、藤村操が華厳滝で投身自殺したのではなく、その後も密かに生き続けていた、という内容の小説「曰く不可解」の構想を土屋が藤村正太に語ったとき、藤村が「藤村操の遺族が、私の家の近くに住んでいるんですよ」と言ったところから、その発言が「いまさら、藤村操の過去をあばきたてるようなことはしないでくれ。遺族のためにも、ソッとしておいてくれないか」という藤村正太の気持ちではなかったか、と土屋が感じたことによる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1291901 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 836 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57322869 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 藤村 正太(ふじむら しょうた、1924年1月9日 - 1977年3月15日)は、日本の推理作家・小説家。社会派推理小説の作家の一人。京城市出身。別名に川島郁夫。第一高等学校を経て東京大学法学部を卒業。「私だけが知っている」の脚本執筆陣に参加。1961年、「孤独なアスファルト」により第9回江戸川乱歩賞を受賞。1977年、肺結核による肺性心のため死去。藤村と同じく『宝石』誌の懸賞入選で推理作家として世に出た土屋隆夫は、自著『推理小説作法』のなかで、藤村が藤村操の縁者かもしれない、という推測を記している。その理由は、「藤村」という苗字が共通すること以外に、藤村操が華厳滝で投身自殺したのではなく、その後も密かに生き続けていた、という内容の小説「曰く不可解」の構想を土屋が藤村正太に語ったとき、藤村が「藤村操の遺族が、私の家の近くに住んでいるんですよ」と言ったところから、その発言が「いまさら、藤村操の過去をあばきたてるようなことはしないでくれ。遺族のためにも、ソッとしておいてくれないか」という藤村正太の気持ちではなかったか、と土屋が感じたことによる。
rdfs:label
  • 藤村正太
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:storyEditor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:脚本 of
is foaf:primaryTopic of