Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 藤原 道隆(ふじわら の みちたか)は、平安時代中期の公卿。摂政関白太政大臣・藤原兼家の長男。花山天皇退位事件で父兼家の意を受けて宮中で活動。甥にあたる一条天皇の即位後は急速に昇進した。娘の定子を女御として入内させ、後に中宮となす。父兼家が死ぬと後を継いで関白となる。朝政を主導するが僅か5年ほどで病に倒れ、嫡男の伊周を後任の関白にと願うが、天皇からは許されず、薨去した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 154322 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6001 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 268 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57010992 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:兄弟
  • 道隆、超子、道綱、道兼、詮子、道義、道長、綏子
prop-ja:別名
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:官位
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --04-10
prop-ja:氏名
  • 藤原道隆
prop-ja:氏族
  • 藤原北家九条流
prop-ja:父母
  • 母:藤原時姫(藤原中正の娘)
  • 父:藤原兼家
prop-ja:生誕
  • 天暦7年(953年)
prop-ja:画像
  • Fujiwara no Michitaka.jpg
prop-ja:画像説明
  • 藤原道隆(菊池容斎『前賢故実』より)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 藤原 道隆(ふじわら の みちたか)は、平安時代中期の公卿。摂政関白太政大臣・藤原兼家の長男。花山天皇退位事件で父兼家の意を受けて宮中で活動。甥にあたる一条天皇の即位後は急速に昇進した。娘の定子を女御として入内させ、後に中宮となす。父兼家が死ぬと後を継いで関白となる。朝政を主導するが僅か5年ほどで病に倒れ、嫡男の伊周を後任の関白にと願うが、天皇からは許されず、薨去した。
rdfs:label
  • 藤原道隆
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja:家祖 of
is foaf:primaryTopic of