Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 藤原 道兼(ふじわら の みちかね)は、平安時代中期の公卿。摂政関白太政大臣・藤原兼家の三男。同母の弟妹に詮子、道長らがいる。父兼家の意を受けて花山天皇を唆して出家退位させる。一条天皇が即位すると外祖父の兼家は摂政となり、道兼も栄達した。兼家が死去すると道兼の期待に反して長兄の道隆が関白となった。5年後に道隆が病死すると、待望の関白になるが、その僅か数日後に病死した。そのため「七日関白」と呼ばれる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 154329 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4689 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 173 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58593723 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:兄弟
prop-ja:別名
  • 粟田殿、二条殿、町尻殿、七日関白
prop-ja:
prop-ja:
  • 兼隆、尊子、兼綱、兼信
prop-ja:官位
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --05-08
prop-ja:氏名
  • 藤原道兼
prop-ja:氏族
  • 藤原北家九条流
prop-ja:父母
  • 母:藤原時姫(藤原中正の娘)
  • 父:藤原兼家
prop-ja:生誕
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 藤原 道兼(ふじわら の みちかね)は、平安時代中期の公卿。摂政関白太政大臣・藤原兼家の三男。同母の弟妹に詮子、道長らがいる。父兼家の意を受けて花山天皇を唆して出家退位させる。一条天皇が即位すると外祖父の兼家は摂政となり、道兼も栄達した。兼家が死去すると道兼の期待に反して長兄の道隆が関白となった。5年後に道隆が病死すると、待望の関白になるが、その僅か数日後に病死した。そのため「七日関白」と呼ばれる。
rdfs:label
  • 藤原道兼
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:主君 of
is prop-ja:兄弟 of
is foaf:primaryTopic of