Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 藤原 近成(ふじわら の ちかなり、生没年不詳)は平安時代初期から中期頃の官人。官位は従八位上・筑後掾。仁和元年12月23日(886年1月31日)に、従七位下・建部真貞、大初位下・大秦宗吉、正六位上・清原利蔭、無位・在原連枝、大宅宗永、藤原宗扶らと謀り、筑後守従五位下・都御酉の館を襲い、御酉を射殺したとして、死罪となる。しかし、詔によって死一等減じ、遠流となったという。その後の消息は不明。また、『尊卑分脈』などの各系図には近成の名がなく、詳しい系譜は不明である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2760840 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 502 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47357846 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 藤原 近成(ふじわら の ちかなり、生没年不詳)は平安時代初期から中期頃の官人。官位は従八位上・筑後掾。仁和元年12月23日(886年1月31日)に、従七位下・建部真貞、大初位下・大秦宗吉、正六位上・清原利蔭、無位・在原連枝、大宅宗永、藤原宗扶らと謀り、筑後守従五位下・都御酉の館を襲い、御酉を射殺したとして、死罪となる。しかし、詔によって死一等減じ、遠流となったという。その後の消息は不明。また、『尊卑分脈』などの各系図には近成の名がなく、詳しい系譜は不明である。
rdfs:label
  • 藤原近成
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of