Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 藤原 秀能(ふじわら の ひでよし / ひでとう)は、鎌倉時代初期の武士、廷臣、歌人。藤原北家秀郷流の出身、父は藤原秀宗。最初は内大臣の源通親に仕える。その後、北面武士として朝廷に仕えた。このように武士として仕えていたが、建仁元年(1201年)7月に和歌所寄人として輔任されている。歌人としても朝廷に用いられていたということである。その後は検非違使大夫尉、出羽守と歴任し、承久の乱では朝廷方の大将として一手を担った。このために戦後、鎌倉幕府の命令で熊野山に追放されて出家の身となり、如願と号した。延応2年(1240年)5月21日に死去した。享年は57。『新古今和歌集』以下の勅撰和歌集に79首が入集。
dbpedia-owl:alias
  • 秀能、如願(法号)
dbpedia-owl:child
dbpedia-owl:parent
dbpedia-owl:sibling
dbpedia-owl:spouse
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1852850 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1201 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 55 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58961124 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:兄弟
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:官位
prop-ja:改名
  • 秀能、如願(法号)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --05-21
prop-ja:氏名
  • 藤原秀能
prop-ja:氏族
  • 藤原北家秀郷流
prop-ja:父母
  • 父:藤原秀宗、母:源光基の娘
prop-ja:生誕
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 藤原 秀能(ふじわら の ひでよし / ひでとう)は、鎌倉時代初期の武士、廷臣、歌人。藤原北家秀郷流の出身、父は藤原秀宗。最初は内大臣の源通親に仕える。その後、北面武士として朝廷に仕えた。このように武士として仕えていたが、建仁元年(1201年)7月に和歌所寄人として輔任されている。歌人としても朝廷に用いられていたということである。その後は検非違使大夫尉、出羽守と歴任し、承久の乱では朝廷方の大将として一手を担った。このために戦後、鎌倉幕府の命令で熊野山に追放されて出家の身となり、如願と号した。延応2年(1240年)5月21日に死去した。享年は57。『新古今和歌集』以下の勅撰和歌集に79首が入集。
rdfs:label
  • 藤原秀能
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 藤原秀能
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of