Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 藤原 為房(ふじわら の ためふさ、永承4年(1049年) - 永久3年4月2日(1115年4月27日))は、平安時代後期の公卿。但馬守藤原隆方の子。正三位・参議。坊城大蔵卿、勧修寺と号した。三事兼帯者となるなど、博学かつ、優秀な実務官僚として活躍し、のちの勧修寺流一門の繁栄の基礎を築いた。大江匡房・藤原伊房と共に「前の三房」と称される。日記に『為房卿記』がある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 393461 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3492 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 162 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58258690 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 藤原 為房(ふじわら の ためふさ、永承4年(1049年) - 永久3年4月2日(1115年4月27日))は、平安時代後期の公卿。但馬守藤原隆方の子。正三位・参議。坊城大蔵卿、勧修寺と号した。三事兼帯者となるなど、博学かつ、優秀な実務官僚として活躍し、のちの勧修寺流一門の繁栄の基礎を築いた。大江匡房・藤原伊房と共に「前の三房」と称される。日記に『為房卿記』がある。
rdfs:label
  • 藤原為房
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:sibling of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:人物 of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of