Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 藤原 明子(ふじわら の あきらけいこ、ふじわら の めいし、天長6年(829年) - 昌泰3年5月23日(900年6月22日))は、藤原良房と源潔姫の娘で文徳天皇の女御。大変な美貌の持ち主だったとされる。染殿(のちに清和院)が里邸であったため、染殿后(そめどののきさき)とよばれた。文徳天皇が皇太子であったときに入内し、東宮妃となる。嘉祥3年(850年)文徳天皇が即位すると、7月9日女御になった。また、その年の3月25日、皇子・惟仁親王(清和天皇)を出産する。惟仁親王には3人の異母兄(惟喬・惟条・惟彦)がいたが、11月に生後8か月で立太子した。仁寿3年(853年)に従三位に、天安2年(858年)には従一位に叙された。子の清和天皇の即位に伴い、同年に皇太夫人となる。さらに貞観6年(864年)には皇太后、孫の陽成天皇の即位後の元慶6年(882年)に太皇太后となった。子は、前述した清和天皇と斎院になった儀子内親王がいる。また、貞観7年(865年)ごろから一種のうつ病のようなものにかかっていたらしく、それらしき記述(物の怪に悩まされる)が『今昔物語集』などに見られる。彼女は、叔母である藤原順子、従妹の藤原高子とともに良房の(ひいては藤原家の)摂関政治の礎を築いたともいえるが、病のせいもあってか自ら表に出ることはなかった。72歳と当時では珍しい長命で崩御。女御宣下を受けてからでも文徳を含め6代の天皇が交代している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1158016 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2035 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58124534 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 藤原 明子(ふじわら の あきらけいこ、ふじわら の めいし、天長6年(829年) - 昌泰3年5月23日(900年6月22日))は、藤原良房と源潔姫の娘で文徳天皇の女御。大変な美貌の持ち主だったとされる。染殿(のちに清和院)が里邸であったため、染殿后(そめどののきさき)とよばれた。文徳天皇が皇太子であったときに入内し、東宮妃となる。嘉祥3年(850年)文徳天皇が即位すると、7月9日女御になった。また、その年の3月25日、皇子・惟仁親王(清和天皇)を出産する。惟仁親王には3人の異母兄(惟喬・惟条・惟彦)がいたが、11月に生後8か月で立太子した。仁寿3年(853年)に従三位に、天安2年(858年)には従一位に叙された。子の清和天皇の即位に伴い、同年に皇太夫人となる。さらに貞観6年(864年)には皇太后、孫の陽成天皇の即位後の元慶6年(882年)に太皇太后となった。子は、前述した清和天皇と斎院になった儀子内親王がいる。また、貞観7年(865年)ごろから一種のうつ病のようなものにかかっていたらしく、それらしき記述(物の怪に悩まされる)が『今昔物語集』などに見られる。彼女は、叔母である藤原順子、従妹の藤原高子とともに良房の(ひいては藤原家の)摂関政治の礎を築いたともいえるが、病のせいもあってか自ら表に出ることはなかった。72歳と当時では珍しい長命で崩御。女御宣下を受けてからでも文徳を含め6代の天皇が交代している。
rdfs:label
  • 藤原明子 (染殿后)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:女御 of
is prop-ja:子女 of
is prop-ja:母親 of
is foaf:primaryTopic of