Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 藤原 彰子(ふじわら の しょうし/あきこ、永延2年(988年) - 承保元年10月3日(1074年10月25日)は、第66代一条天皇の皇后(号は中宮)。第68代後一条天皇・第69代後朱雀天皇の生母(国母)、女院。院号を上東門院(じょうとうもんいん)といい、のちには大女院(おおにょいん)とも呼ばれた。女房に『源氏物語』作者の紫式部、王朝有数の歌人として知られた和泉式部、歌人で『栄花物語』正編の作者と伝えられる赤染衛門、そして「古の奈良の都の八重桜 けふ九重に匂ひぬる哉」の一句があまりにも有名な歌人の伊勢大輔などを従え、華麗な文芸サロンを形成していた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 63922 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3462 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 102 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59009734 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 藤原 彰子(ふじわら の しょうし/あきこ、永延2年(988年) - 承保元年10月3日(1074年10月25日)は、第66代一条天皇の皇后(号は中宮)。第68代後一条天皇・第69代後朱雀天皇の生母(国母)、女院。院号を上東門院(じょうとうもんいん)といい、のちには大女院(おおにょいん)とも呼ばれた。女房に『源氏物語』作者の紫式部、王朝有数の歌人として知られた和泉式部、歌人で『栄花物語』正編の作者と伝えられる赤染衛門、そして「古の奈良の都の八重桜 けふ九重に匂ひぬる哉」の一句があまりにも有名な歌人の伊勢大輔などを従え、華麗な文芸サロンを形成していた。
rdfs:label
  • 藤原彰子
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:中宮 of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is prop-ja:母親 of
is foaf:primaryTopic of