Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 藤原 師高(ふじわら の もろたか、生年不明 - 安元3年6月9日(1177年7月6日))は日本の平安時代後期の受領。加賀守師高と呼ばれる。父は後白河法皇の権臣であった西光(俗名:藤原師光)。伯父に藤原成親、弟に師経・師平・広長がいる。検非違使五位尉から、父の引き立てで安元元年(1175年)12月29日、加賀守となり、弟の師経を目代として遙任する。安元3年(1177年)、比叡山の末寺白山涌泉寺と紛争を起こし、比叡山大衆が神輿を担いで強訴する騒ぎとなったため、師高は尾張国井戸田に流罪、師経は禁獄となった。同時に天台座主・明雲も解任され伊豆国へ配流となったが、大衆が配流途中の明雲を奪回し、叡山に帰還した。それに対し法皇は平清盛に比叡山の攻撃を命じた。しかしその直後、多田行綱が鹿ケ谷の陰謀を清盛に密告したため、比叡山攻撃のために集結していた平氏軍は攻撃を取りやめ、陰謀への参加者の捕縛にあたった。首謀者の一人であった西光は捕縛のうえ斬首され、師高も同年6月、小胡麻郡司維季(おぐまのぐんじ これすえ)に討たれ、師経・師平ほか郎党三名も六条河原で斬首された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 481925 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1065 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55425910 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 藤原 師高(ふじわら の もろたか、生年不明 - 安元3年6月9日(1177年7月6日))は日本の平安時代後期の受領。加賀守師高と呼ばれる。父は後白河法皇の権臣であった西光(俗名:藤原師光)。伯父に藤原成親、弟に師経・師平・広長がいる。検非違使五位尉から、父の引き立てで安元元年(1175年)12月29日、加賀守となり、弟の師経を目代として遙任する。安元3年(1177年)、比叡山の末寺白山涌泉寺と紛争を起こし、比叡山大衆が神輿を担いで強訴する騒ぎとなったため、師高は尾張国井戸田に流罪、師経は禁獄となった。同時に天台座主・明雲も解任され伊豆国へ配流となったが、大衆が配流途中の明雲を奪回し、叡山に帰還した。それに対し法皇は平清盛に比叡山の攻撃を命じた。しかしその直後、多田行綱が鹿ケ谷の陰謀を清盛に密告したため、比叡山攻撃のために集結していた平氏軍は攻撃を取りやめ、陰謀への参加者の捕縛にあたった。首謀者の一人であった西光は捕縛のうえ斬首され、師高も同年6月、小胡麻郡司維季(おぐまのぐんじ これすえ)に討たれ、師経・師平ほか郎党三名も六条河原で斬首された。
rdfs:label
  • 藤原師高
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of