Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 藤原家房(ふじわら の いえふさ、仁安2年(1167年) - 建久7年7月22日(1196年8月17日))は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての公卿・歌人。父は摂政松殿基房、母は内大臣三条公教の娘。兄藤原隆忠の母とは姉妹。傍流とされたため、「松殿」は名乗らなかった。寿永元年(1182年)に従五位上に叙され、侍従・左近衛中将などを歴任して文治3年1月23日(1187年3月4日)に従三位に叙される。建久6年(1195年)に従二位権中納言に昇進したが、翌年に30歳の若さで没した。和歌・漢詩に優れ盟友である九条良経とともに九条家の文芸集団の中心にあった。早世のため遺された作品は少ないが、勅撰和歌集においては『新古今和歌集』と『新続古今和歌集』に採録されている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 984852 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 723 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51075023 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 藤原家房(ふじわら の いえふさ、仁安2年(1167年) - 建久7年7月22日(1196年8月17日))は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての公卿・歌人。父は摂政松殿基房、母は内大臣三条公教の娘。兄藤原隆忠の母とは姉妹。傍流とされたため、「松殿」は名乗らなかった。寿永元年(1182年)に従五位上に叙され、侍従・左近衛中将などを歴任して文治3年1月23日(1187年3月4日)に従三位に叙される。建久6年(1195年)に従二位権中納言に昇進したが、翌年に30歳の若さで没した。和歌・漢詩に優れ盟友である九条良経とともに九条家の文芸集団の中心にあった。早世のため遺された作品は少ないが、勅撰和歌集においては『新古今和歌集』と『新続古今和歌集』に採録されている。
rdfs:label
  • 藤原家房
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of