Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 藤原 定能(ふじわら の さだよし)は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての公卿。藤原北家道綱流、藤原季行の次男。樋口または二条と号す。琵琶で名高い。また、孫の資季は『徒然草』第135段に登場することで知られる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1657960 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2058 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 101 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57181524 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:兄弟
prop-ja:別名
  • 樋口大納言、二条大納言
prop-ja:
prop-ja:
  • 親能、定季、資家
prop-ja:官位
prop-ja:改名
  • 定能→定阿(法名)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --08-22
prop-ja:氏名
  • 藤原定能
prop-ja:氏族
  • 藤原北家道綱流
prop-ja:父母
  • 父:藤原季行、母:藤原宗能の娘
prop-ja:生誕
  • 久安4年(1148年)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 藤原 定能(ふじわら の さだよし)は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての公卿。藤原北家道綱流、藤原季行の次男。樋口または二条と号す。琵琶で名高い。また、孫の資季は『徒然草』第135段に登場することで知られる。
rdfs:label
  • 藤原定能
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of