Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 藤原 宗通(ふじわら の むねみち、延久3年(1071年) - 保安元年7月22日(1120年8月17日))は、平安時代後期の公卿。藤原北家、右大臣・藤原俊家の子で、藤原道長は曾祖父にあたる。官位は正二位・権大納言。坊門大納言と号した。幼名阿古丸。幼いころから白河院の手元で育てられた。14歳で叙爵され、累進して白河院別当となり、近臣として権勢を振るった。『金葉和歌集』(歌番号554)・『新勅撰和歌集』(歌番号274)に和歌作品が採録されている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1266390 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1416 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 83 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54163656 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 藤原 宗通(ふじわら の むねみち、延久3年(1071年) - 保安元年7月22日(1120年8月17日))は、平安時代後期の公卿。藤原北家、右大臣・藤原俊家の子で、藤原道長は曾祖父にあたる。官位は正二位・権大納言。坊門大納言と号した。幼名阿古丸。幼いころから白河院の手元で育てられた。14歳で叙爵され、累進して白河院別当となり、近臣として権勢を振るった。『金葉和歌集』(歌番号554)・『新勅撰和歌集』(歌番号274)に和歌作品が採録されている。
rdfs:label
  • 藤原宗通
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:人物 of
is foaf:primaryTopic of