Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 藤原 信輔(ふじわら の のぶすけ、生年不詳 - 元暦元年(1184年))は平安時代後期の貴族。藤原北家道隆流、中納言・藤原経忠の子。官位は正四位下・右京大夫。久安5年(1149年)当時因幡守を務めている。久寿3年(1156年)右京大夫に任ぜられる。保元元年(1156年)7月に鳥羽法皇が崩御した際に、藤原成親、源光保、信西、藤原惟方ら八人と法皇の遺体を入棺したという。その後出家し、太秦入道と号した。元暦元年(1184年)卒去。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2722629 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 814 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51117938 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 藤原 信輔(ふじわら の のぶすけ、生年不詳 - 元暦元年(1184年))は平安時代後期の貴族。藤原北家道隆流、中納言・藤原経忠の子。官位は正四位下・右京大夫。久安5年(1149年)当時因幡守を務めている。久寿3年(1156年)右京大夫に任ぜられる。保元元年(1156年)7月に鳥羽法皇が崩御した際に、藤原成親、源光保、信西、藤原惟方ら八人と法皇の遺体を入棺したという。その後出家し、太秦入道と号した。元暦元年(1184年)卒去。
rdfs:label
  • 藤原信輔
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is foaf:primaryTopic of