Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 薬丸 兼武(やくまる かねたけ、安永4年(1775年) - 天保6年7月14日(1835年8月8日))は薩摩藩の剣客。久保之英の次男であったが薬丸兼富の養子となり薬丸家を継いだ。通称は、はじめ七郎兵衛、次いで新蔵、長左衛門。諱は兼尭、兼武。家格は小番。薬丸自顕流初代師範。実兄は久保之正。剣客として名声があり、家伝の剣術に示現流を取り入れた如水伝、ジゲン流(薬丸自顕流)を立ち上げ示現流より独立し、薬丸自顕流(薬丸派示現流)初代師範となる。異端として藩に忌避されて屋久島に流され、そこで没した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1209633 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1675 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 32593477 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 薬丸 兼武(やくまる かねたけ、安永4年(1775年) - 天保6年7月14日(1835年8月8日))は薩摩藩の剣客。久保之英の次男であったが薬丸兼富の養子となり薬丸家を継いだ。通称は、はじめ七郎兵衛、次いで新蔵、長左衛門。諱は兼尭、兼武。家格は小番。薬丸自顕流初代師範。実兄は久保之正。剣客として名声があり、家伝の剣術に示現流を取り入れた如水伝、ジゲン流(薬丸自顕流)を立ち上げ示現流より独立し、薬丸自顕流(薬丸派示現流)初代師範となる。異端として藩に忌避されて屋久島に流され、そこで没した。
rdfs:label
  • 薬丸兼武
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of