Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 蕨真一郎(わらび しんいちろう、1876年(明治9年)8月20日 - 1922年(大正11年)10月14日)は、日本の歌人、造林家。号は蕨真(けっしん)、礎山(そざん)。上総国武射郡埴谷村(現在の千葉県山武市)出身。1901年、正岡子規の門下生となる。子規死後の1903年、『馬酔木』の編集委員となる。1906年に埴岡短歌会を設立し、地元歌人の作品を『馬酔木』上で紹介するようになった。1908年には伊藤左千夫により、真一郎の自宅で『阿羅々木』(翌年『アララギ』と改名)が発刊された。1912年まで創作活動を続け、その後は自らが設立した埴岡農林学校の運営や林業経営に努めた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 469996 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 617 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 35159460 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 蕨真一郎(わらび しんいちろう、1876年(明治9年)8月20日 - 1922年(大正11年)10月14日)は、日本の歌人、造林家。号は蕨真(けっしん)、礎山(そざん)。上総国武射郡埴谷村(現在の千葉県山武市)出身。1901年、正岡子規の門下生となる。子規死後の1903年、『馬酔木』の編集委員となる。1906年に埴岡短歌会を設立し、地元歌人の作品を『馬酔木』上で紹介するようになった。1908年には伊藤左千夫により、真一郎の自宅で『阿羅々木』(翌年『アララギ』と改名)が発刊された。1912年まで創作活動を続け、その後は自らが設立した埴岡農林学校の運営や林業経営に努めた。
rdfs:label
  • 蕨真一郎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of