蕎麦(そば)とは、穀物のソバの実を原料とする蕎麦粉を用いて加工した、日本の麺類、および、それを用いた料理である。中華そばなどと区別して日本蕎麦(にほんそば)とも呼ばれる。 本来、蕎麦にはさまざまな食し方があるが、麺にした蕎麦、すなわち蕎麦切り(そばきり)が普及してからは、単に蕎麦と言うと蕎麦切りを意味する。麺が千切れやすくなるため、蕎麦粉だけで蕎麦切りを作ることは少なく、大抵は小麦粉のつなぎが用いられる。 歴史は古く、寿司、天ぷらと並ぶ代表的な日本料理である。この蕎麦の調味として作られる「つゆ(蕎麦汁)」は、地域によって色・濃さ・味になどに明らかな違いがあり、その成分も各地によって好みが分かれる。蕎麦を供する場合には皿(竹簾が敷かれている専用の蕎麦皿など)やざる(ざるそば用)、蕎麦蒸籠などが用いられる。蕎麦つゆを供する場合には徳利(蕎麦徳利)と猪口(蕎麦猪口)が用いられることが多い。また汁を張った丼に蕎麦をいれて供するものもある。蕎麦は専門店のみならず、外食チェーンなどのメニューにも載っており、小売店などでも麺が乾麺、生、または茹で麺の状態で販売され、カップ麺としても販売されている。

Property Value
dbo:abstract
  • 蕎麦(そば)とは、穀物のソバの実を原料とする蕎麦粉を用いて加工した、日本の麺類、および、それを用いた料理である。中華そばなどと区別して日本蕎麦(にほんそば)とも呼ばれる。 本来、蕎麦にはさまざまな食し方があるが、麺にした蕎麦、すなわち蕎麦切り(そばきり)が普及してからは、単に蕎麦と言うと蕎麦切りを意味する。麺が千切れやすくなるため、蕎麦粉だけで蕎麦切りを作ることは少なく、大抵は小麦粉のつなぎが用いられる。 歴史は古く、寿司、天ぷらと並ぶ代表的な日本料理である。この蕎麦の調味として作られる「つゆ(蕎麦汁)」は、地域によって色・濃さ・味になどに明らかな違いがあり、その成分も各地によって好みが分かれる。蕎麦を供する場合には皿(竹簾が敷かれている専用の蕎麦皿など)やざる(ざるそば用)、蕎麦蒸籠などが用いられる。蕎麦つゆを供する場合には徳利(蕎麦徳利)と猪口(蕎麦猪口)が用いられることが多い。また汁を張った丼に蕎麦をいれて供するものもある。蕎麦は専門店のみならず、外食チェーンなどのメニューにも載っており、小売店などでも麺が乾麺、生、または茹で麺の状態で販売され、カップ麺としても販売されている。 (ja)
  • 蕎麦(そば)とは、穀物のソバの実を原料とする蕎麦粉を用いて加工した、日本の麺類、および、それを用いた料理である。中華そばなどと区別して日本蕎麦(にほんそば)とも呼ばれる。 本来、蕎麦にはさまざまな食し方があるが、麺にした蕎麦、すなわち蕎麦切り(そばきり)が普及してからは、単に蕎麦と言うと蕎麦切りを意味する。麺が千切れやすくなるため、蕎麦粉だけで蕎麦切りを作ることは少なく、大抵は小麦粉のつなぎが用いられる。 歴史は古く、寿司、天ぷらと並ぶ代表的な日本料理である。この蕎麦の調味として作られる「つゆ(蕎麦汁)」は、地域によって色・濃さ・味になどに明らかな違いがあり、その成分も各地によって好みが分かれる。蕎麦を供する場合には皿(竹簾が敷かれている専用の蕎麦皿など)やざる(ざるそば用)、蕎麦蒸籠などが用いられる。蕎麦つゆを供する場合には徳利(蕎麦徳利)と猪口(蕎麦猪口)が用いられることが多い。また汁を張った丼に蕎麦をいれて供するものもある。蕎麦は専門店のみならず、外食チェーンなどのメニューにも載っており、小売店などでも麺が乾麺、生、または茹で麺の状態で販売され、カップ麺としても販売されている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 265215 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 72978 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81578001 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:bg
  • #F0F2F5 (ja)
  • #F0F2F5 (ja)
prop-ja:border
  • #aaa solid 1px (ja)
  • #aaa solid 1px (ja)
prop-ja:calciumMg
  • 24 (xsd:integer)
prop-ja:carbs
  • 66.7
prop-ja:copperMg
  • 0.340000 (xsd:double)
prop-ja:date
  • 2019 (xsd:integer)
  • --01-01
prop-ja:fat
  • 2.3
prop-ja:fiber
  • 3.7
prop-ja:folateUg
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:ironMg
  • 2.600000 (xsd:double)
prop-ja:kj
  • 1439 (xsd:integer)
prop-ja:magnesiumMg
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:manganeseMg
  • 1.110000 (xsd:double)
prop-ja:monofat
  • g (ja)
  • g (ja)
prop-ja:name
  • 干しそば 乾 (ja)
  • 干しそば 乾 (ja)
prop-ja:niacinMg
  • 3.200000 (xsd:double)
prop-ja:note
  • ビタミンEはα─トコフェロールのみを示した。原材料配合割合: 小麦粉65、そば粉35 (ja)
  • ビタミンEはα─トコフェロールのみを示した。原材料配合割合: 小麦粉65、そば粉35 (ja)
prop-ja:opt1n
prop-ja:opt1v
  • 1.6
prop-ja:opt2n
prop-ja:opt2v
  • 2.1
prop-ja:pantothenicMg
  • 1.150000 (xsd:double)
prop-ja:phosphorusMg
  • 230 (xsd:integer)
prop-ja:polyfat
  • g (ja)
  • g (ja)
prop-ja:potassiumMg
  • 260 (xsd:integer)
prop-ja:protein
  • 14.0
prop-ja:riboflavinMg
  • 0.080000 (xsd:double)
prop-ja:right
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:satfat
  • g (ja)
  • g (ja)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:sodiumMg
  • 850 (xsd:integer)
prop-ja:starch
  • g (ja)
  • g (ja)
prop-ja:thiaminMg
  • 0.370000 (xsd:double)
prop-ja:title
  • 蕎麦(乾麺)の栄養価の代表値 (ja)
  • 蕎麦(乾麺)の栄養価の代表値 (ja)
prop-ja:titlestyle
  • text-align: center; (ja)
  • text-align: center; (ja)
prop-ja:vitb6Mg
  • 0.240000 (xsd:double)
prop-ja:viteMg
  • 0.300000 (xsd:double)
prop-ja:water
  • 14.0
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:zincMg
  • 1.500000 (xsd:double)
dct:subject
rdfs:comment
  • 蕎麦(そば)とは、穀物のソバの実を原料とする蕎麦粉を用いて加工した、日本の麺類、および、それを用いた料理である。中華そばなどと区別して日本蕎麦(にほんそば)とも呼ばれる。 本来、蕎麦にはさまざまな食し方があるが、麺にした蕎麦、すなわち蕎麦切り(そばきり)が普及してからは、単に蕎麦と言うと蕎麦切りを意味する。麺が千切れやすくなるため、蕎麦粉だけで蕎麦切りを作ることは少なく、大抵は小麦粉のつなぎが用いられる。 歴史は古く、寿司、天ぷらと並ぶ代表的な日本料理である。この蕎麦の調味として作られる「つゆ(蕎麦汁)」は、地域によって色・濃さ・味になどに明らかな違いがあり、その成分も各地によって好みが分かれる。蕎麦を供する場合には皿(竹簾が敷かれている専用の蕎麦皿など)やざる(ざるそば用)、蕎麦蒸籠などが用いられる。蕎麦つゆを供する場合には徳利(蕎麦徳利)と猪口(蕎麦猪口)が用いられることが多い。また汁を張った丼に蕎麦をいれて供するものもある。蕎麦は専門店のみならず、外食チェーンなどのメニューにも載っており、小売店などでも麺が乾麺、生、または茹で麺の状態で販売され、カップ麺としても販売されている。 (ja)
  • 蕎麦(そば)とは、穀物のソバの実を原料とする蕎麦粉を用いて加工した、日本の麺類、および、それを用いた料理である。中華そばなどと区別して日本蕎麦(にほんそば)とも呼ばれる。 本来、蕎麦にはさまざまな食し方があるが、麺にした蕎麦、すなわち蕎麦切り(そばきり)が普及してからは、単に蕎麦と言うと蕎麦切りを意味する。麺が千切れやすくなるため、蕎麦粉だけで蕎麦切りを作ることは少なく、大抵は小麦粉のつなぎが用いられる。 歴史は古く、寿司、天ぷらと並ぶ代表的な日本料理である。この蕎麦の調味として作られる「つゆ(蕎麦汁)」は、地域によって色・濃さ・味になどに明らかな違いがあり、その成分も各地によって好みが分かれる。蕎麦を供する場合には皿(竹簾が敷かれている専用の蕎麦皿など)やざる(ざるそば用)、蕎麦蒸籠などが用いられる。蕎麦つゆを供する場合には徳利(蕎麦徳利)と猪口(蕎麦猪口)が用いられることが多い。また汁を張った丼に蕎麦をいれて供するものもある。蕎麦は専門店のみならず、外食チェーンなどのメニューにも載っており、小売店などでも麺が乾麺、生、または茹で麺の状態で販売され、カップ麺としても販売されている。 (ja)
rdfs:label
  • 蕎麦 (ja)
  • 蕎麦 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:foodType of
is prop-ja:imageCaption of
is prop-ja:好きなもの of
is prop-ja:用途 of
is foaf:primaryTopic of