蔵人頭(くろうどのとう)とは、令外官の役職で、蔵人所の実質的な長である。大同5年(810年)、蔵人所の設置に伴い、初代の蔵人頭に藤原冬嗣と巨勢野足が任命され、その後、天皇の首席秘書として、また公卿への昇進を約束された地位として、朝廷内に重要な位置を占めた。 蔵人所の長官は大臣が兼任する「蔵人別当」であったが、これは名目的なもので、実務上は蔵人頭が殿上人の首座として蔵人および殿上人を指揮し、勅旨や上奏の伝達や、天皇身辺の世話等を取り仕切った。定員は2名。官位相当は無いが、四位または五位の者が補任され、次第に四位が主となった。殿上の首席に座を占めることから「貫首」(かんず、貫主の表記も)や、「鴛首(鵷首)」とも呼ばれた。また、蔵人として禁色の使用が許された。 藤原俊憲の『貫首秘抄』には、武官である頭中将は「禁中万事」を申し行う、すなわち宮中における側近奉仕を担当し、文官である頭弁は「天下巨細」を執奏、すなわち天皇と太政官の間で政務に関する連絡を担当したと記される。頭中将は上流貴族出身者が務めたのに対し、実務処理能力が重視された頭弁は、朝廷や摂関家政所において実務官僚を務めた勧修寺流・日野流などの藤原北家や高棟流平氏などの中級貴族の家系から輩出され、後にこれが通例となった。

Property Value
dbo:abstract
  • 蔵人頭(くろうどのとう)とは、令外官の役職で、蔵人所の実質的な長である。大同5年(810年)、蔵人所の設置に伴い、初代の蔵人頭に藤原冬嗣と巨勢野足が任命され、その後、天皇の首席秘書として、また公卿への昇進を約束された地位として、朝廷内に重要な位置を占めた。 蔵人所の長官は大臣が兼任する「蔵人別当」であったが、これは名目的なもので、実務上は蔵人頭が殿上人の首座として蔵人および殿上人を指揮し、勅旨や上奏の伝達や、天皇身辺の世話等を取り仕切った。定員は2名。官位相当は無いが、四位または五位の者が補任され、次第に四位が主となった。殿上の首席に座を占めることから「貫首」(かんず、貫主の表記も)や、「鴛首(鵷首)」とも呼ばれた。また、蔵人として禁色の使用が許された。 蔵人頭の本官は、初期より武官や弁官が多かったものの、式部省官人や内蔵寮官人、中宮亮や春宮亮、また無官(散位)等、さまざまであった。武官の中でも近衛次将と兼任する例が多く、10世紀頃までは近衛少将で補される例も見られたが、平安時代中期頃よりは、近衛中将の兼任が多くなった。もう一名は大弁または中弁を本官とする場合が増え、それぞれ「頭中将(とうのちゅうじょう)」、「頭弁(とうのべん)」と呼ばれた。平安時代末期には、おおむね頭中将と頭弁が1名ずつ任じられようになったが、2名とも中将もしくは弁官である例や、他の官と兼任する例もあった。中将・弁官以外の職から選ばれる場合にも、それぞれの職にあわせて「頭亮(とうのりょう)」、「頭頭(とうのとう)」等と呼ばれた。 藤原俊憲の『貫首秘抄』には、武官である頭中将は「禁中万事」を申し行う、すなわち宮中における側近奉仕を担当し、文官である頭弁は「天下巨細」を執奏、すなわち天皇と太政官の間で政務に関する連絡を担当したと記される。頭中将は上流貴族出身者が務めたのに対し、実務処理能力が重視された頭弁は、朝廷や摂関家政所において実務官僚を務めた勧修寺流・日野流などの藤原北家や高棟流平氏などの中級貴族の家系から輩出され、後にこれが通例となった。 蔵人は天皇の践祚に際しては職を解かれたが、次第に新天皇の蔵人・蔵人頭として再任される例も多くなった。また蔵人頭は、三位や参議に任じられた場合には離任した(例外として在原行平は参議と兼任した)。参議に欠員が出た場合に離職して昇任することも多く、公卿への登竜門ともいえる役職となった。その際に後任を推挙した例として、源俊賢が当時無官であった藤原行成を推したことが知られている。 (ja)
  • 蔵人頭(くろうどのとう)とは、令外官の役職で、蔵人所の実質的な長である。大同5年(810年)、蔵人所の設置に伴い、初代の蔵人頭に藤原冬嗣と巨勢野足が任命され、その後、天皇の首席秘書として、また公卿への昇進を約束された地位として、朝廷内に重要な位置を占めた。 蔵人所の長官は大臣が兼任する「蔵人別当」であったが、これは名目的なもので、実務上は蔵人頭が殿上人の首座として蔵人および殿上人を指揮し、勅旨や上奏の伝達や、天皇身辺の世話等を取り仕切った。定員は2名。官位相当は無いが、四位または五位の者が補任され、次第に四位が主となった。殿上の首席に座を占めることから「貫首」(かんず、貫主の表記も)や、「鴛首(鵷首)」とも呼ばれた。また、蔵人として禁色の使用が許された。 蔵人頭の本官は、初期より武官や弁官が多かったものの、式部省官人や内蔵寮官人、中宮亮や春宮亮、また無官(散位)等、さまざまであった。武官の中でも近衛次将と兼任する例が多く、10世紀頃までは近衛少将で補される例も見られたが、平安時代中期頃よりは、近衛中将の兼任が多くなった。もう一名は大弁または中弁を本官とする場合が増え、それぞれ「頭中将(とうのちゅうじょう)」、「頭弁(とうのべん)」と呼ばれた。平安時代末期には、おおむね頭中将と頭弁が1名ずつ任じられようになったが、2名とも中将もしくは弁官である例や、他の官と兼任する例もあった。中将・弁官以外の職から選ばれる場合にも、それぞれの職にあわせて「頭亮(とうのりょう)」、「頭頭(とうのとう)」等と呼ばれた。 藤原俊憲の『貫首秘抄』には、武官である頭中将は「禁中万事」を申し行う、すなわち宮中における側近奉仕を担当し、文官である頭弁は「天下巨細」を執奏、すなわち天皇と太政官の間で政務に関する連絡を担当したと記される。頭中将は上流貴族出身者が務めたのに対し、実務処理能力が重視された頭弁は、朝廷や摂関家政所において実務官僚を務めた勧修寺流・日野流などの藤原北家や高棟流平氏などの中級貴族の家系から輩出され、後にこれが通例となった。 蔵人は天皇の践祚に際しては職を解かれたが、次第に新天皇の蔵人・蔵人頭として再任される例も多くなった。また蔵人頭は、三位や参議に任じられた場合には離任した(例外として在原行平は参議と兼任した)。参議に欠員が出た場合に離職して昇任することも多く、公卿への登竜門ともいえる役職となった。その際に後任を推挙した例として、源俊賢が当時無官であった藤原行成を推したことが知られている。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 125857 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 48531 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80908554 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dct:subject
rdfs:comment
  • 蔵人頭(くろうどのとう)とは、令外官の役職で、蔵人所の実質的な長である。大同5年(810年)、蔵人所の設置に伴い、初代の蔵人頭に藤原冬嗣と巨勢野足が任命され、その後、天皇の首席秘書として、また公卿への昇進を約束された地位として、朝廷内に重要な位置を占めた。 蔵人所の長官は大臣が兼任する「蔵人別当」であったが、これは名目的なもので、実務上は蔵人頭が殿上人の首座として蔵人および殿上人を指揮し、勅旨や上奏の伝達や、天皇身辺の世話等を取り仕切った。定員は2名。官位相当は無いが、四位または五位の者が補任され、次第に四位が主となった。殿上の首席に座を占めることから「貫首」(かんず、貫主の表記も)や、「鴛首(鵷首)」とも呼ばれた。また、蔵人として禁色の使用が許された。 藤原俊憲の『貫首秘抄』には、武官である頭中将は「禁中万事」を申し行う、すなわち宮中における側近奉仕を担当し、文官である頭弁は「天下巨細」を執奏、すなわち天皇と太政官の間で政務に関する連絡を担当したと記される。頭中将は上流貴族出身者が務めたのに対し、実務処理能力が重視された頭弁は、朝廷や摂関家政所において実務官僚を務めた勧修寺流・日野流などの藤原北家や高棟流平氏などの中級貴族の家系から輩出され、後にこれが通例となった。 (ja)
  • 蔵人頭(くろうどのとう)とは、令外官の役職で、蔵人所の実質的な長である。大同5年(810年)、蔵人所の設置に伴い、初代の蔵人頭に藤原冬嗣と巨勢野足が任命され、その後、天皇の首席秘書として、また公卿への昇進を約束された地位として、朝廷内に重要な位置を占めた。 蔵人所の長官は大臣が兼任する「蔵人別当」であったが、これは名目的なもので、実務上は蔵人頭が殿上人の首座として蔵人および殿上人を指揮し、勅旨や上奏の伝達や、天皇身辺の世話等を取り仕切った。定員は2名。官位相当は無いが、四位または五位の者が補任され、次第に四位が主となった。殿上の首席に座を占めることから「貫首」(かんず、貫主の表記も)や、「鴛首(鵷首)」とも呼ばれた。また、蔵人として禁色の使用が許された。 藤原俊憲の『貫首秘抄』には、武官である頭中将は「禁中万事」を申し行う、すなわち宮中における側近奉仕を担当し、文官である頭弁は「天下巨細」を執奏、すなわち天皇と太政官の間で政務に関する連絡を担当したと記される。頭中将は上流貴族出身者が務めたのに対し、実務処理能力が重視された頭弁は、朝廷や摂関家政所において実務官僚を務めた勧修寺流・日野流などの藤原北家や高棟流平氏などの中級貴族の家系から輩出され、後にこれが通例となった。 (ja)
rdfs:label
  • 蔵人頭 (ja)
  • 蔵人頭 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:title of
is prop-ja:官位 of
is foaf:primaryTopic of