Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 蓮田 善明(はすだ ぜんめい、1904年(明治37年)7月28日 - 1945年(昭和20年)8月19日)は、日本の国文学者、国学研究者、文芸評論家、国語教員、詩人。出身は熊本県。広島文理科大学国語国文学科卒業。広島高等師範学校時代、斎藤清衛の門下となり、同校出身の清水文雄、栗山理一、池田勉と共に同人月刊誌『文藝文化』を創刊。日本浪曼派として活躍した。のちに同人に加わった青年期の三島由紀夫の思想形成に多大の影響を与えたことでも知られる。陸軍中尉でもあった蓮田は、太平洋戦争時の出征地・マレーシアのジョホールバルにおいて、敗戦直後の連隊長の変節ぶりに憤り、隊長を射殺。その直後自身も同じ拳銃で自決した。著書に『鴎外の方法』『預言と回想』『古事記学抄』『本居宣長』『花のひもとき』『鴨長明』『神韻の文学』、他に小説的作品『有心』などがある。
dbpedia-owl:activeYearsEndYear
  • 1945-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:activeYearsStartYear
  • 1931-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:almaMater
dbpedia-owl:birthName
  • 蓮田 善明(はすだ ぜんめい)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1945-08-19 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:education
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:influenced
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:movement
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:notableWork
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:restingPlace
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 581538 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 51611 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 1042 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58954934 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
prop-ja:birthDate
  • --07-28
prop-ja:birthName
  • 蓮田 善明(はすだ ぜんめい)
prop-ja:birthPlace
  • ・熊本県鹿本郡植木町14(現・熊本市北区)
prop-ja:children
  • 晶一、太二、新夫
prop-ja:deathDate
  • 1945-08-19 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • ・ジョホール州ジョホールバル
prop-ja:debutWorks
  • 国語教育に於ける多読主義(1931年)
prop-ja:education
prop-ja:genre
  • 国文学評論、随筆、詩、短歌
prop-ja:imagesize
  • 110 (xsd:integer)
prop-ja:influenced
prop-ja:influences
prop-ja:language
prop-ja:movement
prop-ja:name
  • 蓮田 善明
  • (はすだ ぜんめい)
prop-ja:notableWorks
  • 『古事記学抄』(1943年)
  • 『本居宣長』(1943年)
  • 『神韻の文学』(1943年)
  • 『預言と回想』(1941年)
  • 『鴎外の方法』(1939年)
  • 『鴨長明』(1943年)
prop-ja:occupation
prop-ja:period
  • 1931 (xsd:integer)
prop-ja:relations
  • キク、文子(姉)
  • 為明、道明(兄)
  • 蓮田慈善(父)、フジ(母)
prop-ja:restingPlace
  • ・ゴム林に埋葬
prop-ja:spouse
  • 蓮田敏子
prop-ja:subject
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 蓮田 善明(はすだ ぜんめい、1904年(明治37年)7月28日 - 1945年(昭和20年)8月19日)は、日本の国文学者、国学研究者、文芸評論家、国語教員、詩人。出身は熊本県。広島文理科大学国語国文学科卒業。広島高等師範学校時代、斎藤清衛の門下となり、同校出身の清水文雄、栗山理一、池田勉と共に同人月刊誌『文藝文化』を創刊。日本浪曼派として活躍した。のちに同人に加わった青年期の三島由紀夫の思想形成に多大の影響を与えたことでも知られる。陸軍中尉でもあった蓮田は、太平洋戦争時の出征地・マレーシアのジョホールバルにおいて、敗戦直後の連隊長の変節ぶりに憤り、隊長を射殺。その直後自身も同じ拳銃で自決した。著書に『鴎外の方法』『預言と回想』『古事記学抄』『本居宣長』『花のひもとき』『鴨長明』『神韻の文学』、他に小説的作品『有心』などがある。
rdfs:label
  • 蓮田善明
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 蓮田 善明
  • (はすだ ぜんめい)
is dbpedia-owl:influencedBy of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influences of
is foaf:primaryTopic of