Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 蓋置(ふたおき)とは釜の蓋や柄杓の合をのせるための茶道具で、材質は竹、金属、陶磁器類などがある。竹の蓋置は引切とも呼ばれ、竹の根元が上になるように逆竹に切る約束となっている。また炉と風炉の場合で切り方が異なり、天節と呼ばれる上端に節があるものが風炉用、中節と呼ばれる節が真中あたりに来るものが炉用である。棚を用いた点前では最後に飾られることが多いが、竹製のものは特別の物以外は飾らない。千利休が選んだとされる火舎、五徳、一閑人、三つ人形、蟹、さざえ、三つ葉の7つは「七種蓋置」と呼ばれ、特別な扱いがある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1403585 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 580 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 8 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56917920 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:alt
  • 引切
prop-ja:footer
  • 引切(竹製の蓋置)と使用風景
prop-ja:image
  • Futaoki.jpg
  • Ro and Kama.jpg
prop-ja:width
  • 121 (xsd:integer)
  • 225 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 蓋置(ふたおき)とは釜の蓋や柄杓の合をのせるための茶道具で、材質は竹、金属、陶磁器類などがある。竹の蓋置は引切とも呼ばれ、竹の根元が上になるように逆竹に切る約束となっている。また炉と風炉の場合で切り方が異なり、天節と呼ばれる上端に節があるものが風炉用、中節と呼ばれる節が真中あたりに来るものが炉用である。棚を用いた点前では最後に飾られることが多いが、竹製のものは特別の物以外は飾らない。千利休が選んだとされる火舎、五徳、一閑人、三つ人形、蟹、さざえ、三つ葉の7つは「七種蓋置」と呼ばれ、特別な扱いがある。
rdfs:label
  • 蓋置
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of