Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 蒸気圧(じょうきあつ、英語:vapor pressure)、あるいは平衡蒸気圧(へいこうじょうきあつ、英語:equilibrium vapor pressure)とは、任意の温度に対して、その物質の気体が液体状態あるいは固体状態と平衡になるような圧力のことである。ある物質のある温度での蒸気圧は一意に決定される。ある物質の液体の周囲で、その物質の分圧が液体の蒸気圧に等しいとき、その液体は気液平衡の状態にある。温度を下げると蒸気は液体に凝結する。逆に温度を上げると液体は蒸発する(蒸気になる)。物質の沸点とは、その物質の液体状態での蒸気圧が外圧に等しくなる温度である。ある物質の固体の周囲で、その物質の分圧が固体の蒸気圧(昇華圧)に等しいとき、その固体は固気平衡の状態にある。温度を下げると蒸気は固体に昇華する。逆に温度を上げると固体は蒸気に昇華する。物質の昇華点とは、その物質の固体状態での蒸気圧が外圧に等しくなる温度である。同じ物質でも、液体状態での蒸気圧と固体状態での蒸気圧は異なっている。液体状態での方が固体状態でよりも高い蒸気圧となるような温度では、液体は蒸発し、蒸気は昇華して固体になるため、液体は凝固していく。液体状態での方が固体状態でよりも低い蒸気圧となるような温度では、固体は気体に昇華し、気体は液体に凝結するため、固体は融解していく。この二種類の蒸気圧が等しいような温度では、液体と固体の間で平衡が成り立ち、この温度を融点と呼ぶ。液体混合物の蒸気圧は、ラウールの法則やクラウジウス-クラペイロンの式によって近似的に決定される。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 56514 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4790 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 52 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57149971 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 蒸気圧(じょうきあつ、英語:vapor pressure)、あるいは平衡蒸気圧(へいこうじょうきあつ、英語:equilibrium vapor pressure)とは、任意の温度に対して、その物質の気体が液体状態あるいは固体状態と平衡になるような圧力のことである。ある物質のある温度での蒸気圧は一意に決定される。ある物質の液体の周囲で、その物質の分圧が液体の蒸気圧に等しいとき、その液体は気液平衡の状態にある。温度を下げると蒸気は液体に凝結する。逆に温度を上げると液体は蒸発する(蒸気になる)。物質の沸点とは、その物質の液体状態での蒸気圧が外圧に等しくなる温度である。ある物質の固体の周囲で、その物質の分圧が固体の蒸気圧(昇華圧)に等しいとき、その固体は固気平衡の状態にある。温度を下げると蒸気は固体に昇華する。逆に温度を上げると固体は蒸気に昇華する。物質の昇華点とは、その物質の固体状態での蒸気圧が外圧に等しくなる温度である。同じ物質でも、液体状態での蒸気圧と固体状態での蒸気圧は異なっている。液体状態での方が固体状態でよりも高い蒸気圧となるような温度では、液体は蒸発し、蒸気は昇華して固体になるため、液体は凝固していく。液体状態での方が固体状態でよりも低い蒸気圧となるような温度では、固体は気体に昇華し、気体は液体に凝結するため、固体は融解していく。この二種類の蒸気圧が等しいような温度では、液体と固体の間で平衡が成り立ち、この温度を融点と呼ぶ。液体混合物の蒸気圧は、ラウールの法則やクラウジウス-クラペイロンの式によって近似的に決定される。
rdfs:label
  • 蒸気圧
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of