Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 蒋 凝学(しょう ぎょうがく、Jiang Ningxue、1810年 - 1878年)、字は之純。清朝の官僚。湖南省湘郷出身。咸豊年間に団練を組織していたが、1855年に湘軍の羅沢南に従って湖北省で太平天国軍と戦い、1856年には武昌奪還に功績をあげ、知県に抜擢された。その後江西省を転戦し、1858年に九江府城を陥落させ、知府、さらに道員に昇進した。その年、三河の戦いで湘軍が大敗すると、湖広総督官文の命でトルンア(多隆阿)・鮑超とともに宿松に駐屯し、太平天国軍の追撃を防いだ。その後、太湖・潜山の奪回戦に参加し、さらに湖北省で太平天国の英王陳玉成と戦って黄州を奪還した。1863年、陳得才率いる太平天国軍30万が陝西省から天京救援に向かったが、安徽省霍山でこれを破った。1865年、陝甘総督楊岳斌の求めに応じて、「安字営」と号する湘軍を率いて回民蜂起の鎮圧に加わった。1870年に山西按察使となり、1875年に陝西布政使に昇進した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1782401 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 802 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57532156 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 蒋 凝学(しょう ぎょうがく、Jiang Ningxue、1810年 - 1878年)、字は之純。清朝の官僚。湖南省湘郷出身。咸豊年間に団練を組織していたが、1855年に湘軍の羅沢南に従って湖北省で太平天国軍と戦い、1856年には武昌奪還に功績をあげ、知県に抜擢された。その後江西省を転戦し、1858年に九江府城を陥落させ、知府、さらに道員に昇進した。その年、三河の戦いで湘軍が大敗すると、湖広総督官文の命でトルンア(多隆阿)・鮑超とともに宿松に駐屯し、太平天国軍の追撃を防いだ。その後、太湖・潜山の奪回戦に参加し、さらに湖北省で太平天国の英王陳玉成と戦って黄州を奪還した。1863年、陳得才率いる太平天国軍30万が陝西省から天京救援に向かったが、安徽省霍山でこれを破った。1865年、陝甘総督楊岳斌の求めに応じて、「安字営」と号する湘軍を率いて回民蜂起の鎮圧に加わった。1870年に山西按察使となり、1875年に陝西布政使に昇進した。
rdfs:label
  • 蒋凝学
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of