Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『葵上』(あおいのうえ)は、『源氏物語』の「葵」巻に取材した能楽作品。世阿弥改作か。シテは六条御息所の生霊であり、題にもなっている葵の上は一切登場せず、生霊に祟られ寝込んでいることを一枚の小袖を舞台に寝かすこと(出し小袖)で表現している。六条御息所は賀茂の祭の際、光源氏の正妻である葵の上一行から受けた侮辱に耐え切れず、生霊(前ジテ)となって葵上を苦しめているのである。薬石効なく、ついに修験者である横川の小聖が呼ばれ祈祷が始まると、生霊は怒り、鬼の姿(後ジテ)で現われるが、最後は般若の姿のまま、法力によって浄化される場面で終わる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 324239 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1069 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58096179 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:よみかな
  • あおいのうえ
prop-ja:シテ
  • 六条御息所の生霊
prop-ja:作者(年代)_
  • 未詳 世阿弥改作か(室町時代)
prop-ja:場所
  • 葵上の部屋
prop-ja:季節
  • 季不知 (不定)
prop-ja:形式
  • 準夢幻能 
prop-ja:本説
  • 源氏物語
prop-ja:演目名
  • 葵上
prop-ja:現行上演流派
  • 観世・宝生・金春・金剛・喜多
prop-ja:画像
  • 130 (xsd:integer)
prop-ja:異称
  • なし
prop-ja:登場人物
  • 横川の小聖、照日の巫女
prop-ja:能柄
  • 般若物・祈り物、四番目物
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『葵上』(あおいのうえ)は、『源氏物語』の「葵」巻に取材した能楽作品。世阿弥改作か。シテは六条御息所の生霊であり、題にもなっている葵の上は一切登場せず、生霊に祟られ寝込んでいることを一枚の小袖を舞台に寝かすこと(出し小袖)で表現している。六条御息所は賀茂の祭の際、光源氏の正妻である葵の上一行から受けた侮辱に耐え切れず、生霊(前ジテ)となって葵上を苦しめているのである。薬石効なく、ついに修験者である横川の小聖が呼ばれ祈祷が始まると、生霊は怒り、鬼の姿(後ジテ)で現われるが、最後は般若の姿のまま、法力によって浄化される場面で終わる。
rdfs:label
  • 葵上
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of