Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 葛西 薫 (かさい かおる、1949年 - )は、日本のアートディレクター。(株)サン・アド取締役副社長。北海道札幌市生まれ、室蘭市育ち。高校卒業後、文華印刷(株)に入社。(株)大谷印刷勤務を経て、1973年(株)サン・アドに入社、現在に至る。アートディレクターとして、サントリーウーロン茶(1982年 - )、ソニーのオーディオ(1979年 - 1992年)、サントリーモルツ(1986年 - )、西武百貨店「日本一の市」(1986 - 1992年)、ユナイテッドアローズ(1997年 - )などの広告キャンペーンを手がける。CIサイン計画では、セゾングループ「uraku」「I.S.」「 tsumori chisato」、長野県諏訪湖博物館・赤彦記念館など。装幀・エディトリアルデザインでは、磯崎新『ARATA ISOZAKI WORKS30』(六耀社)、上田義彦写真集『FLOWERS』、伊藤俊治監修『VlSlONS of JAPAN」(光琳社出版)など。また、1995年には、是枝裕和監督『幻の光』映画タイトルワークおよび広告美術を手がけた。東京ADC最高賞、朝日広告賞、毎日広告デザイン賞優秀賞・二席、フジ・サンケイグループ広告大賞制作者賞など受賞歴多数。落ち着いた色調に、どことなくユーモアとペーソスを漂わせた作風が特色。見ないより見てよかったと思われるCMがよいという立場に立ち、社会性のない最近(2008年時点)のCMは幼児化していると批判している。2015年春の褒章で紫綬褒章を受章。同年7月、2020年夏季オリンピック東京大会の公式エンブレム入選3作品まで残った。
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 234625 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2405 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 56 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56351991 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthDate
  • 1949 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • 葛西薫
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 葛西 薫 (かさい かおる、1949年 - )は、日本のアートディレクター。(株)サン・アド取締役副社長。北海道札幌市生まれ、室蘭市育ち。高校卒業後、文華印刷(株)に入社。(株)大谷印刷勤務を経て、1973年(株)サン・アドに入社、現在に至る。アートディレクターとして、サントリーウーロン茶(1982年 - )、ソニーのオーディオ(1979年 - 1992年)、サントリーモルツ(1986年 - )、西武百貨店「日本一の市」(1986 - 1992年)、ユナイテッドアローズ(1997年 - )などの広告キャンペーンを手がける。CIサイン計画では、セゾングループ「uraku」「I.S.」「 tsumori chisato」、長野県諏訪湖博物館・赤彦記念館など。装幀・エディトリアルデザインでは、磯崎新『ARATA ISOZAKI WORKS30』(六耀社)、上田義彦写真集『FLOWERS』、伊藤俊治監修『VlSlONS of JAPAN」(光琳社出版)など。また、1995年には、是枝裕和監督『幻の光』映画タイトルワークおよび広告美術を手がけた。東京ADC最高賞、朝日広告賞、毎日広告デザイン賞優秀賞・二席、フジ・サンケイグループ広告大賞制作者賞など受賞歴多数。落ち着いた色調に、どことなくユーモアとペーソスを漂わせた作風が特色。見ないより見てよかったと思われるCMがよいという立場に立ち、社会性のない最近(2008年時点)のCMは幼児化していると批判している。2015年春の褒章で紫綬褒章を受章。同年7月、2020年夏季オリンピック東京大会の公式エンブレム入選3作品まで残った。
rdfs:label
  • 葛西薫
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 葛西薫
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of