Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 葛根湯(かっこんとう)は、漢方方剤の一種。出典は『傷寒論』・『金匱要略』。「葛」の文字を用い「葛根湯」と表記する場合もある。葛根湯には、プエラリン、ダイゼイン、パエノフロリン、桂皮酸、グリチルリチン、エフェドリン、ジンゲロールが含まれている。主要な活性成分は、エフェドリンおよびプソイドエフェドリンとされている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 164787 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4221 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 51 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59173304 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 葛根湯(かっこんとう)は、漢方方剤の一種。出典は『傷寒論』・『金匱要略』。「葛」の文字を用い「葛根湯」と表記する場合もある。葛根湯には、プエラリン、ダイゼイン、パエノフロリン、桂皮酸、グリチルリチン、エフェドリン、ジンゲロールが含まれている。主要な活性成分は、エフェドリンおよびプソイドエフェドリンとされている。
rdfs:label
  • 葛根湯
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of