Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 葛原 妙子(くずはら たえこ、1907年(明治40年)2月5日 - 1985年(昭和60年)9月2日)は、歌人、編集者、潮音社友、日本歌人クラブ会員、女人短歌会会員。現代歌人協会発起人。南日本新聞歌壇選者。現代短歌女流賞選考委員。東京出身。父、外科医の山村正雄、母、つね。東京府立第一高等女学校(現・東京都立白鴎高等学校)卒業。夫の葛原輝は外科医。長女は児童文学者の猪熊葉子。美智子皇后とも親しかった。新写実の世界を切り拓いた女流歌人の代表者の一人として戦後の歌壇に大きな影響を与えた。日常のうちに「見てはならぬものを視、聞いてはならぬものを聴きだし」(菱川善夫)、その景色を自ら「表現の我儘についてゆるし得る限界」とする破調の歌に詠むその歌風から、「現代の魔女」「球体の幻視者」(中井英夫)、「幻視の女王」(塚本邦雄)と称される。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1408394 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1894 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51554169 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 葛原 妙子(くずはら たえこ、1907年(明治40年)2月5日 - 1985年(昭和60年)9月2日)は、歌人、編集者、潮音社友、日本歌人クラブ会員、女人短歌会会員。現代歌人協会発起人。南日本新聞歌壇選者。現代短歌女流賞選考委員。東京出身。父、外科医の山村正雄、母、つね。東京府立第一高等女学校(現・東京都立白鴎高等学校)卒業。夫の葛原輝は外科医。長女は児童文学者の猪熊葉子。美智子皇后とも親しかった。新写実の世界を切り拓いた女流歌人の代表者の一人として戦後の歌壇に大きな影響を与えた。日常のうちに「見てはならぬものを視、聞いてはならぬものを聴きだし」(菱川善夫)、その景色を自ら「表現の我儘についてゆるし得る限界」とする破調の歌に詠むその歌風から、「現代の魔女」「球体の幻視者」(中井英夫)、「幻視の女王」(塚本邦雄)と称される。
rdfs:label
  • 葛原妙子
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:影響を与えたもの of
is foaf:primaryTopic of