Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 葉赫那拉(エホナラ、イェヘ=ナラ)氏は、満州民族の氏族のひとつ。16世紀後半から17世紀前半の明末に女直(満州民族の前身)の強国であったイェヘ部の首長を輩出した家系であり、また清末の19世紀に西太后を出したことで有名である。葉赫那拉は満州語でᠶᡝᡥᡝ ᠨᠠᡵᠠ(ローマ字表記:Yehe Nara)であり、本来はイェヘ=ナラなどとカタカナに写される音であるが、日本では漢字表記の「葉赫那拉」(ピンイン表記: Yèhè Nàlā)を中国語風に読んで表記した「エホナラ」の読みがむしろ広く見られる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 71656 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3130 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 48 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59015387 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 葉赫那拉(エホナラ、イェヘ=ナラ)氏は、満州民族の氏族のひとつ。16世紀後半から17世紀前半の明末に女直(満州民族の前身)の強国であったイェヘ部の首長を輩出した家系であり、また清末の19世紀に西太后を出したことで有名である。葉赫那拉は満州語でᠶᡝᡥᡝ ᠨᠠᡵᠠ(ローマ字表記:Yehe Nara)であり、本来はイェヘ=ナラなどとカタカナに写される音であるが、日本では漢字表記の「葉赫那拉」(ピンイン表記: Yèhè Nàlā)を中国語風に読んで表記した「エホナラ」の読みがむしろ広く見られる。
rdfs:label
  • 葉赫那拉氏
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of